観察日記

ミズバショウ、ザゼンソウが見ごろです

投稿日:2013年4月30日

 ミズバショウ、ザゼンソウの花が満開です。

 

 

ミズバショウとザゼンソウ(サトイモ科)

 ミズバショウ、ザゼンソウが、ミズバショウの谷を埋め尽くしています。

 

エンレイソウの次に咲きます

 

 

オオバナノエンレイソウ(ユリ科)

 北海道に多く自生し、大群落をつくるそうです。萼に相当する外花被片は

緑色で、花弁に相当する内花被片は白色で、先はあまりとがりません。シロ

バナエンレイソウとは、花糸より葯が長いこと、内花被片が鈍形であること

で区別できます。

 

 トリカブトと似ている山菜です。

 

 

ニリンソウ(キンポウゲ科)

 2個の花をつけることによる名ですが、1個のことも、3個のことも

あります。白色の花は、花弁状の萼片で、5~7枚あるようです。葉

は3つに深く裂けて、淡白色の斑点があります。カモシカはニリンソウ

は食べますが、トリカブトは食べないそうです。

 

多雪地帯に分布するスミレ

投稿日:2013年4月29日

 北海道から本州の多雪地帯に分布します。

 

 

オオバキスミレ(スミレ)

 キスミレが太平洋側に分布するのに対して、オオバキスミレは

日本海側に広く分布します。葉は心形で、葉先が長くとがる特徴

があります。

 

 別名ホクロとも言われています。

 

 

シュンラン(ラン科)

 落葉樹林内に生える多年草で、写真は咲きはじめのシュンランです。

花は茎頂に1個つきます。萼片3個と側花弁2個は黄緑色をおび、唇弁

は大きく、白色で濃紅紫色の斑点があります。

 

 花期を過ぎると閉鎖花をつけます。

 

 

ミヤマカタバミ(カタバミ科)

 3小葉を根生し、小葉の先端は切り形で中央がへこみ、かどは

丸くなっています。花弁は5個で白色です。花期を過ぎると閉鎖花

を出してよく結実します。

 

 

 

 

甘い実はおいしい

投稿日:2013年4月28日

 吉林の庭の近くのウグイスカグラ

 

 

ウグイスカグラ(スイカズラ科)

 よく分枝して高さ2メートルになります。野草園では最初に

咲くウグイスカグラです。葉柄や花柄に毛を散生するヤマウ

グイスカグラは、これから園内で咲きます。初夏にグミに似た

実が赤く熟し、甘くておいしいです。

 

 スミレも咲きだしました。

 

 

エゾアオイスミレ(スミレ科)

 葉が丸くて毛の多いのが特徴です。落ち葉を押しのけて

咲いていました。深樹の小径で咲いています。

 

 緑色と茶色の混じった花です。

 

 

エンレイソウ(ユリ科)

 丸みのあるひし形の3枚の葉を輪生しています。花は茶色と

緑の混じった花を少し傾けてつけます。この花は、萼に相当し

外花被片といい、花弁はありません。