観察日記

コブシより花が大きいキタコブシ

投稿日:2013年4月17日

 北国の春でおなじみのコブシです。

 

 

 

キタコブシ(モクレン科)

 コブシより花や葉が大きく北国に分布します。名は、果実が握り拳に

似ているからです。かってはキタコブシの開花を農作業のめやすとした

そうです。

 

 オウレンのすぐわきに咲きだしました。

 

 

 

キバナノアマナ(ユリ科)

黄色の花が散形状につきます。根生葉は1個つき、長くてとても目立ちます。

黄色い花を開くアマナの意味ですが、アマナとは似ていません。

 

 白いショウジョウバカマもあります。

 

 

 

シロバナショウジョウバカマ(ユリ科)

 山地から高山まで生えるショウジョウバカマの変種です。関東地方以西の

太平洋側に生える多年草です。