観察日記

山地に普通に生えています

投稿日:2013年4月16日

 ハシバミより少し遅れて咲きだしました。

 

 

 

ツノハシバミ(カバノキ科)

 葉が出る前に花が咲きます。雄花が尾状に垂れ下がっていて、

雌花は雄花より上部についています。赤い花柱が芽鱗からのぞ

いています。果実には長い角状の突起があり、それで名がツノハ

シバミです。若葉はよく紫斑がでます。

 

 小さいカンアオイ

 

 

 

ヒメカンアオイ(ウマノスズクサ科)

  山地の林内に生える常緑多年草です。植栽したものですが、毎年花が

咲きます。3個の離生した萼片が開き、下半分は完全に合着しています。

 

 

 寒かったり、日が陰ったりすると花を閉じてしまいます。

 

 

 

キクザキイチリンソウ(キンポウゲ科)

 寒くて日が当たらなかったので、萼片を閉じていました。

春に咲く花は、気候の変化に応じて萼片を閉じることで寒

さに対応しているのだと思います。