カレンダー

2012年8月
« 7月 9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

ハイビスカスと同じ仲間です。

投稿日:2012年8月1日

 漢名の音読みが名前になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ムクゲ(アオイ科)

 各地で栽培されている落葉低木です。中国原産説と原産地不明説があるそうです。

葉は互生し卵形~菱形状卵形で、3本の脈が目だちます。ふちには不ぞろいな粗い

きょ歯があります。本年枝に鐘形の花をつけます。花弁の色は紅紫色、白色、桃色な

どさまざまですが、中心部が紅色になるものが多いようです。韓国の国花です。

 

 

 距は渦巻き状になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツリフネソウ(ツリフネソウ科)

 水辺に群生する1年草で、茎は赤みを帯び節はふくらみます。葉は菱状楕円形で

先はとがりふちにはきょ歯があり、基部はくさび形になっています。茎のさきに数個の

花がさがります。花は紅紫色で、距はいちじるしくうしろに突きでて渦巻き状になります。

果実は熟すと果皮が裂けて種子を飛ばします。名は、帆かけ船をつり下げたように見え

ることからきたようです。

 

 

 花はハスに似ています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レンゲショウマ(キンポウゲ科

 本州の主として太平洋側の深山に生える多年草で、日本特産のひとつです。

葉は大形で2~4回3出複葉で、小葉は卵形です。茎の上部に淡紫色の花を

まばらに下向きにつけます。萼片は多数で楕円形をしており、花弁も多数で

倒卵状長楕円形をしています。花がハスの花に、葉がサラシナショウマに似て

いることからついた名のようです。

 

 

 5深裂した細長い紫色の花

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シデシャジン(キキョウ科)

 山地に生える多年草で、全体に粗毛があります。葉は互生し、長卵形で

先はとがり、ふちには不規則なきょ歯があります。茎は上部で枝分かれし、

総状花序をつくり、青紫色の花をつけます。花冠は基部から5深裂し、裂片

は線形でそりかえり、離弁のように見えます。名は、花冠の裂片を神前につ

ける紙のシデに見たてての名です。

 

 

 

 ハリネズミのような花

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ルリタマアザミ(キク科)

  地中海沿岸地方原産の多年草です。葉はアザミ類に似て

互生し羽状に深裂し、葉裏には灰白色の軟毛を密生します。

茎の中ほどから分枝し、枝先に球状で青紫色の頭花を開きます。

昭和初期に日本に渡来したそうです。