カレンダー

2012年6月
« 5月 7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

花はアヤメに似ています。

投稿日:2012年6月6日

 ミズバショウの谷で咲き始めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒオウギアヤメ(アヤメ科)

 アヤメの仲間ではカキツバタの次に咲きだします。高層湿原に生える多年草です。

外花被片は3個、内花被片は小さくて目立ちません。花柱は3つに分かれて花びらの

ように見えます。名は、葉がヒオウギに、花がアヤメに似ているからのようです。

 

 

 海岸の砂地に生えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シロバナハマナス(バラ科)

 海岸の砂地に生え、地下茎をのばして群落を作ります。

葉は奇数羽状複葉で互生します。枝先に6月ごろから大形

の花を開きます。本種は白花の品種です。名は、ハマナシ

から、なまってハマナスになったものと、実がナスに似ている

ので、ハマナスになったものとあるようです。

 

 

北米原産の多年草です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ムラサキツユクサ(ツユクサ科)

 葉は線形で長く、基部で茎を抱きます。枝先に数個の花が開きます。

花は紫色で、毎朝開き、一日でしぼみます。本種を、トラデスカンティア

という属名で呼ぶそうです。

 

 黄色いヤマオダマキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キバナノヤマオダマキ型(キンポウゲ科)

 褐紫色のヤマオダマキの中に黄色いヤマオダマキも咲いています。

 

 

 高原や湿原に生えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サギスゲ(カヤツリグサ科)

 高原や湿原に生える多年草です。茎は3稜形で、株をつくりません。

下部に線形の葉をつけます。2~5個の小穂が茎の先につきます。

花が終わると、花被片が2センチほどにのびて白い綿毛のように

なります。名は、白い綿毛の様子を白サギに見立てたものです。