カレンダー

2012年5月
« 4月 6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

数層に輪生して咲くクリンソウ

投稿日:2012年5月25日

 サクラソウも見ごろですが、クリンソウも見ごろになってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 サクラソウの仲間では大形なので見ごたえがあります。

よく見ると、花色が少しずつ違います。クリンソウの谷に

群生し始めました。

 

 

 いつも、ウワミズザクラの次に咲き始めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イヌザクラ(バラ科)

 各地の山野に生える落葉高木です。葉の展開後に、小さな白い花をふさのように

たくさんつけます。花はウワミズザクラに似ていますが、花全体が小さいこと、花の

基部に葉がないこと、葉の基部がくさび形で、樹皮が灰色であること、太平洋側に

多いこと等が異なります。サクラの仲間ですが、花がサクラに似ていないのでこの

名があるようです。

 

 

日本海側に自生するタニウツギ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タニウツギ(スイカズラ科)

 主に日本海側の山地に生える落葉低木です。観賞用としても植えられている

そうです。昔飢饉の時には若葉を食用にしたり、多くの地方名があることから、

人々と深いかかわりがあったことがわかります。小枝の先端や葉のつけ根に

淡紅色の花を2~3個づつつけます。花はろうと形で筒部は短く先は5裂します。

 

 

白い花がきれいなアカモノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アカモノ(ツツジ科)

 別名イワハゼともいい、低山帯~高山帯下部の林縁に生える常緑矮性低木です。

葉のつけ根から花茎を出し、その先に淡紅色で鐘形の花を1個つけます。花は下向きに

咲きますが、萼が肥大した赤い実は上向きになります。アカモノのモノはコケモモのモモと

同じで、モモ(桃)が転訛したものであろうといわれています。

 

 

枝分かれするホウチャクソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホウチャクソウ(ユリ科)

 山地の林内に普通に生える多年草です。茎は斜上し、1~2回分枝します。

葉は数個つき、長楕円形です。花は枝の先に1~3個ついて垂れ下がります。

花被片は筒状に集まって平開しなく、白色で先端がすこし緑色を帯びます。

果実は球形で黒く熟します。名は寺院や五重塔の軒に下がっている宝鐸に

似ていることによります。