カレンダー

2012年5月
« 4月 6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

半開きが長いヤマシャクヤク

投稿日:2012年5月16日

 落ち着いた白い花です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマシャクヤク(ボタン科)

 中国原産のシャクヤクほど華やかではありませんが、落

ち着いた美しさがあります。花は白く、半開きの状態が長く

続きます。そして、大きく開いたかと思うとまもなく散って

しまいます。そのため、開いた状態の花には、なかなかお目

にかかれません。

 

 ボタンの葉に似ているルイヨウボタン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ルイヨウボタン(メギ科)

 あまり目立つ花ではありませんが、よく見ると花弁状の緑色の

萼が6枚、密腺状になった花弁や雄しべも6個あります。葉は

小さいがボタンに似ているので、ボタンに類した葉をつけるという

ことから類用牡丹と名づけられたそうです。

 

 鬼の腕から名づけられた羅生門蔓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラショウモンカズラ(シソ科)

 草丈に比べて、こんなに大きな花を咲かせる植物はめずらしいそうです。

何段にも穂になって同じ方向に咲きだします。花を横から見ると、渡辺綱

が羅生門で切り落とした鬼の片腕に似ているので、ラショウモンカズラ

の名がついたそうです。

 

 高山植物のチングルマ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チングルマ(バラ科)

 秋の紅葉も美しいチングルマですが、白い花が咲き始めました。野草園では

高山に咲く花々が、一足先に咲き出します。花弁は5個で雄しべも雌しべも多数

あります。花柱は糸状で、花が終わると長く伸び車輪状に多数集まります。

 

紫色のケマン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ムラサキケマン(ケシ科)

 本園では、オトメエンゴサクが咲き終わった後、本種が咲き始めます。

日陰のやや湿ったところの路傍などに生える多年草です。花は紅紫色

で、筒状の先は唇形で、茎の上部に総状につきます。

 

 まだ、名前がついてないサクラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カンノザクラ(仮称)(バラ科)

ミヤマザクラとカスミザクラの自然交配種

ユウキシダレを植えてもらいました

投稿日:
カテゴリー: 4.作業風景, 観察日記

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 5月14日の午前中、管理の人たちに、ユウキシダレをクリンソウの谷に

植えてもらいました。ユウキシダレはシダレヤナギとシロヤナギの雑種です。

このヤナギは、志鎌節郎氏から寄贈していただいたものです。