カレンダー

2012年5月
« 4月 6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

日本の固有種 ムラサキヤシオツツジ

投稿日:2012年5月9日

 エゾムラサキツツジ、アカヤシオの次に、ムラサキヤシオツツジが

咲きだしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ムラサキヤシオツツジ(ツツジ科)

 日本海側の夏緑林帯に多く針葉林帯にもあります。山形県では、鳥海山、

月山、蔵王山、朝日岳、吾妻山などに普通に自生しています。本園ではロック

ガーデンに植栽しています。

 

 山形では自生地が限られているトウゴクミツバツツジもきれいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トウゴクミツバツツジ(ツツジ科)

 関東の山で多く見られるのでトウゴクの名がつけられました。葉が開く前に紅紫色の花を

横向きに開きます。花は広い漏斗形で深く5裂します。雄しべは10本で雌しべの子房には

長い毛が密生するのが特徴です。葉は枝の先に3枚輪生します。ミツバツツジは、雄しべが

5本なので、区別することができます。

 

ヤマブキに似ているヤマブキソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマブキソウ(ケシ科)

 別名クサヤマブキとも言われているように、花がバラ科のヤマブキに

似ていることが名前の由来のようです。4枚の花弁からは、蛍光を発して

いるような鮮黄色の美しさを感じることができます。茎や葉を切ると黄色の

乳液が出るのはケシ科の特徴です。ケシのなかまにはアルカロイドを含み

有毒なものが多く、ケシからとれるアヘンのように薬用にするものも多いようです。

 

船のいかりに似ているイカリソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イカリソウ(メギ科)

 和名は花の形を船の碇に見たてたものです。主に太平洋側の山地に生える

多年草です。花色は淡紅紫色で、4枚の花弁からのびた長い距が四方につきだし、

前のほうに曲がっているのがよくわかります。漢方では、強壮剤として有名です。

隣り合わせて、日本海側の山地に生えるキバナイカリソウも植えてあります。

 

会津の地名がついたアイズシモツケ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アイズシモツケ(バラ科)

 山地の日当たりのよい所に生える落葉低木で、枝には稜があり角張っています。

小枝の先に白い花をたくさんつけて、雄しべがとても目立ちます。雄しべが40本もあり、

花弁より長いからです。名は、はじめ会津地方で見つけられたからと言われています。

別名シロバナシモツケはピンク色のシモツケに対してだと思われます。

 

キジのむしろに見えますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キジムシロ(バラ科)

 まるく広がった様子をキジの座るむしろに見たてたといいます。山野に

普通に見られる多年草です。葉は5~9枚の小葉をもつ奇数羽状複葉で、

一番先にある小葉が一番大きいことがわかります。花は黄色で萼片の外側に

副萼片があるのが特徴です。よく似ているミツバツチグリは、葉が3小葉である

ことと匐枝を出すことで区別できます。

 

 

浦島太郎のつりざおです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウラシマソウ(サトイモ科)

 山野の木陰に生える多年草です。葉は1個根生し11~17枚の小葉からなります。

葉柄の基部から花茎を出し、花の陰に紫褐色の仏炎苞に包まれた肉穂花序をつけます。

このなかまは、若いときは雄花、大きくなると雌花をつけます。秋に赤色の果実が熟します。

花序の先の長い附属体を浦島太郎の釣り糸に見たてたものです。