カレンダー

2012年8月
« 7月 9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

お茶としても飲みます。

投稿日:2012年8月5日

 別名、ネムチャ、マメチャ、ハマチャとも言います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カワラケツメイ(マメ科)

 河原や草地に生える多年草です。葉は羽状複葉で互生します。

葉のわきに黄色の小さな花をつけます。ケツメイとは、エビスグサ

の類をさします。河原に生えることが多いので、この名がついたと

思われます。

 

 

 キンレイカに比べると葉はあまり切れ込みません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マルバキンレイカ(オミナエシ科)

 本州北部の山地に生える多年草です。山形県の山地には

普通に生えています。茎の先に黄色の小さな花をつけます。

ロックガーデンに咲いています。

 

 

 熟すと食べることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コケモモ(ツツジ科)

 高山の湿原に自生する常緑小低木です。茎は細く直立し葉は互生して

小さく卵状です。6月頃淡紅色の花が咲きました。果実は熟すと紅色になり、

食用とすることができます。

 

 

 きせるの雁首に見立てました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サジガンクビソウ(キク科)

 野草園には普通に生えている多年草です。茎は硬く、葉とともに毛が多く、

葉はさじのような形をしています。頭花は下向きにつきます。同じ仲間のヤブ

タバコ、ノッポロガンクビソウも自生しています。

 

 

 小さい白色3弁の花

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘラオモダカ(オモダカ科)

 浅い水中に生える多年草です。葉はへら形で、花茎の

先に小さな白色の3弁花をつけます。