開園日について

カテゴリー

アーカイブ

未分類

枝に翼がないコマユミ

投稿日:2013年11月21日

実がきれいなコマユミ

 

コマユミ11,12

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コマユミ(ニシキギ科)

 木の枝や草原に少し雪が積もっています。コマユミの果実

が熟して裂けて、橙赤色の仮種皮に包まれた種子が現れて

います。

 

 今年は角のある実がたくさんつきました。

 

ツノハシバミ11,12

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツノハシバミ(カバノキ科)

 冬芽は赤みを帯びています。雄花序は裸芽で

枝の途中につきます。

 

 ハシバミにはたくさんの冬芽がついています。

 

ハシバミ11,12

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハシバミ(カバノキ科)

 ツノハシバミと違い、雄花序は枝の先につきます。

雌花序の冬芽は雄花序のわきや葉腋につきます。

                   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤くも黄色くもなるヤマモミジ

投稿日:2013年11月13日

 オオモミジの変種のヤマモミジ

 

ヤマモミジ11,1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマモミジ(カエデ科)

 一般に「モミジ」というと、本種やイロハモミジ、オオモミジを

指します。葉はイロハモミジより大きく、7つか9つに裂けます。

紅葉は木全体が赤くなるものも、黄色くなるものもあります。

 

ハンテンボクともいいます。

 

ユリノキ11,1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ユリノキ(モクレン科)

 北アメリカ原産の落葉高木です。チュウリップに

似た花を開きます。鮮やかな黄色に紅葉します。

しだいに色が濃くなります。

 

 ハーブ園では秋のいろんなセージが咲いています。

パイナップルセージ11,1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パイナップルセージ(シソ科)

 メキシコが原産地のハーブです。葉をつまむとパイナップルに

似た芳香がただよいます。鮮やかな赤色も魅力です。葉の香り

から名前がつきました。

 

鎌などの柄に用いられたケカマツカ

投稿日:2013年10月31日

 赤い実がおいしそうです。

 

カマツカ10,23

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケカマツカ(バラ科)

 カマツカとワタゲカマツカの中間程度の綿毛のあるものを

ケカマツカと言います。各地の山地に普通に生えます。和名

は材がかたくて丈夫なので鎌の柄などに使われたことにより

ます。 

 

 黄葉がきれいなカツラ

 

カツラ10,23

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カツラ(カツラ科)

 谷沿いなど湿り気のあるところに生える落葉高木です。鮮やかな

黄色の紅葉が美しく、イチョウに似た雰囲気があります。落葉して茶

色くなった直後の葉は、綿飴のような甘い香りを放ちます。そのため、

お香の木などの地方名もあります。

 

 ドングリがたくさん実ったクヌギ

 

クヌギ10,23

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クヌギ(ブナ科)

 山地に生える落葉高木です。クヌギのドングリは

2年かかって成熟します。下半部は椀形の殻斗に

包まれています。