新着情報

小さい小さい花が咲きました

投稿日:2012年4月12日

 ツノハシバミは自生していますが、ハシバミは自生していないので、植栽しています。

そのハシバミが開花しました。雄花は尾状に垂れ下がっています。雌花は、雄花と

雄花の間に小さく見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その雌花を拡大してみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ハシバミ(カバノキ科ハシバミ属)の雌花です。雌花の赤い柱頭だけが

芽鱗からのぞいています。この芽鱗の中に数個の雌花が入っているのです。

 ハシバミの仲間は昔から食用にされています。ヘーゼルナッツはヨーロッパ

原産のセイヨウハシバミの果実です。

 

 ミズバショウが開花し始めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミズバショウ(サトイモ科)

 野草園のシンボルでもあるミズバショウが咲き始めました。これからどんどん大きくなります。

ザゼンソウといっしょに群生する様子を見ることができるのは、山形県では野草園だけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初夏に咲く花の準備をしています

投稿日:2012年4月11日

 園内に自生しているウメガサソウが、雪の下からあらわれてきました。

昨年できた果実は残っていますが、初夏に咲く花芽がしっかりできています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ウメガサソウ(イチヤクソウ科)

 独立栄養をいとなむ常緑の多年草です。初夏に、梅に似た白色の

花をやや下向きにつけます。果実は熟すと上向きになります。同じ仲間の

イチヤクソウも、同じ時期に咲いているのをみることができます。

 

 まだ花が少ない園内では、赤い果実が目立ちます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サルトリイバラ(ユリ科)

 初夏に、黄緑色の小花が咲きます。そのあと、赤い実を結びます。

その実がまだ残っています。名前のように、猿がひっかかるような

とげがついています。

 

春の妖精が咲き始めました

投稿日:2012年4月10日

 春のいぶきを感じて、春の妖精のフクジュソウがその美しい姿をあらわし始めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フクジュソウ(キンポウゲ科)

  雪が解けると、土の中からいち早く咲き出すのがフクジュソウです。

まだ、雪の下で出番を待っているフクジュソウもいます。福寿草や長寿草、

元日草など、縁起のよい名前がたくさんついています。金属光沢のある黄色い花は、

春の光をいっぱいあびて大きく開花しています。パラボラアンテナのような形の

花の中は暖かく、虫たちの憩いの場所です。

 

オオミスミソウもきれいに花を開き始めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 フキノトウも園内多くの場所で咲いています。