イブキジャコウソウ 咲き始め

 ロックガーデン頂上でイブキジャコウソウ(シソ科)が咲き始めました。地表を這う背丈の低い木に、小さな小さな紫色の花を付けます。滋賀県・岐阜県にまたがる伊吹山に多く見られ、芳香があることからイブキジャコウソウの名があります。さっと手でなでて、手に付いた香りをかいでみましょう。

トウゴクシソバタツナミが「ロックガーデン」7合目で咲いています

トウゴクシソバタツナミ(シソ科)

 本州(宮城県以南)の山地にの木陰に生える多年草です。日本固有種です。根茎は短く横にはいます。茎は1~数本群がって生え、直立し、高さ3~20cmになり、開出して先が上向きに曲がる長い毛を密生します。しばしば稜の間に開出または下向きの短い毛が混ざり、少数の葉を対生し、小さい株では節の間が短いことがあります。6月頃、茎の頂に0.5~4cmの花穂をつけ、少数の唇形花(しんけいか)が一方を向いて咲きます。花柄は長さ約2mm。萼は長さ約2mm、果時には約4mmになります。花冠は紫色で、長さ18~22mmです。分果は半球形で長さ1.5mm、いぼ状の突起を密生します。

【用語解説】

唇形花(しんけいか)

 合弁花の1つです。筒状の花びらの先が上下の2片に分かれ、唇(くちびる)のような形をしたものをいいます。シソ科・ゴマノハグサ科植物に多くみられます。

ヤマボウシ間もなく開花

ヤマボウシ(ミズキ科) 「マグノリア通り」をはじめ、園内至る所で見ることができます。

 日本では本州の東北地方南部から九州の屋久島まで分布しています。国外では、朝鮮半島、中国に分布しています。山野に自生する落葉高木です。花や葉はハナミズキに似ています。花びらのように見えるのは苞(ほう)で、その中心に淡黄緑色の小さな花が20~30個密集してつきます。花弁と雄しべは4個あります。雌しべは1個です。秋に果実は赤く熟します。苞は段々ピンク色を帯び、花後にはサクランボのような果実をつけます。

【用語解説】

苞(ほう)

 蕾を包むように葉が変形した部分です。蕾が開いた後は花の基部に残ります。苞葉(ほうよう)ともいいます。また、個々の苞を苞片(ほうへん)といいいます。

開園日について

アーカイブ