開園日について

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

野草園オープン ! ミズバショウの谷はザゼンソウでいっぱい

投稿日:2020年4月1日

ザゼンソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ザゼンソウ(サトイモ科)

野草園の代表的な早春の花で、湿地におよそ一万株が群生します。花びらのように見える暗紫茶色の部分は葉が変化したもので、仏炎苞(ぶつえんほう)と呼ばれています。仏炎苞の中にあるものが花序(小花の集まり)です。植物のかたちが、岩穴で座禅をする僧侶の姿に似ていることが名の由来です。(「ミズバショウの谷」で見られます)

 

 

オオミスミソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオミスミソウ(キンポウゲ科)

雪解けころに可憐な花を咲かせるので、別名「雪割草」とも呼ばれます。白い花弁のようにみえるのは、花弁状の萼片で6~8個あります。天気が良く日が差すと、花が大きく開きます。3つに裂けた葉の角がいずれも尖っていることが、「三角草(みすみそう)」という名の由来です。(「ミズバショウの谷」西側土手で見られます)

 

 

リュウキンカ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リュウキンカ(キンポウゲ科)
湿地に生え、葉は丸い形をしています。径2~3cmの黄色の花弁のように見えるのは、花弁状の萼片です。鮮やかな黄色が金色のように見え、立った茎に花をつけることが「立金花」という名の由来です。野草園にあるリュウキンカは秋(9月下旬頃)にも花を咲かせます。(「ミズバショウの谷」等で見られます)

 

 

アズマイチゲ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アズマイチゲ(キンポウゲ科)
春の日差しを受け、早春の間にだけ咲いて、夏には葉や茎も枯れてしまう短い命です。白い花弁のように見えるものは、、8~13個の花弁状の白い萼片です。切れ込みのほとんどない葉が下に垂れているのが特徴です。天気が良く、日が差すときだけ花が大きく開きます。東日本に多く分布しイチリンソウ(イチゲ)の仲間であることが名の由来です。(「ひょうたん池」西側で見られます)

 

 

マルバマンサク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マルバマンサク(マンサク科)
本種は日本海側に多く、太平洋側に多いマンサクと違い、葉の上部が尖らずに円い形です。花は黄色い線形の花弁と紫紅色の萼が目立ちます。春一番にまず咲くのでマンサクと言われます。(「マグノリア通り」等で見られます)