観察日記

花のようなクサギの果実

投稿日:2018年10月2日

クサギの果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クサギの果実(シソ科)

山野の林縁等に生える落葉小高木で、夏に芳香のある白花を多数つけていましたが、今は、きれいな果実を付けています。濃紅紫色の星形に開いた萼片に藍色の丸い果実を付けています。これは青色染料の材料としても利用されます。 (「ミズバショウの谷」の東側に見られます)

 

 

キバナコスモス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キバナコスモス(キク科)

メキシコ原産の1年草で、昭和になってからようやく一般化しました。コスモスよりは草丈が低く40~60cmで長い柄の先に径6cm程の花をつけます。花は濃橙黄色で半八重咲きのようです。今、群生しています。 (「スワンヒルの庭」に見られます)

 

 

マユミの果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マユミの果実(ニシキギ科)

山野に生える落葉低木で、秋は美しく紅葉します。初夏に淡緑色の小花を付けましたが、今は桃色の果実がぶら下がり、果皮が4つに割れ、鮮やかな赤い仮種皮に包まれた種子が見えます。 (「クリンソウの谷」の北西側に見られます)

 

 

ホオズキの果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホオズキの果実(ナス科)

黄緑白色の花を咲かせた後に、萼は大きくふくれて果実を包みます。初めは緑色だった萼が熟すに従って橙色に変わってきます。中に赤い果実が入っています。薬用植物で乾燥した根が咳止めや利尿剤として使われます。 (「薬草コーナー」に見られます)