観察日記

黄色い小花を集めて付ける秋の七草……「オミナエシ」

投稿日:2017年7月20日

※前回もお知らせしましたが、安全対策検討・整備中に付き、当園は7/14から休園中です。再開園が決定しましたら、できるだけ早くお知らせいたします。

 

オミナエシ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オミナエシ(スイカズラ科)

茎の高さは1m程で、対生する葉の大半は羽状に裂けます。茎は上部で枝分かれして、黄色の小花を多数付けます。花冠は5裂し、径3~4mmで、4本の雄しべと1本の雌しべがあります。日当たりの良い山地の草地に生育する秋の七草の一つです。         (「七草の庭」等に見られます。)

 

 

 

0810クサボタン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クサボタン(キンポウゲ科)

高さは1m程で、茎の下部はしばしば木化します。葉がボタンの葉と似ていながら草本なので、この名前です。茎の先端に付く花は、淡紫色の萼が花筒を形成し、開花時には、この萼片が強く外側へカールするのが特徴です。花後に花柱が伸びてヒゲ状になるのも面白い点です。     (「友好姉妹都市の庭」近辺などに見られます。)

 

 

 

0730ダキバヒメアザミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダキバヒメアザミ(キク科)

高さ1.5~2m程の茎は直立し、長楕円形披針形の葉は羽状に裂けてトゲがあり、基部で深く茎を抱きます長さ3cm程の花は、上向きに短い柄の先に1つだけ咲きます。東北地方の山地帯によく見られるアザミで、ノアザミのように総苞は粘りません。     (「ひょうたん池」西側などに見られます。)

 

 

 

フェンネル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フェンネル(セリ科)

茎の高さは1~2mで、葉は黄緑色糸状です。枝先に、オミナエシに似た黄色の小花を多数付けます。爽やかで甘味のある芳香を持ち、料理や薬用などに広く利用されます。和名は「ウイキョウ」、そっくりな植物に「ディル」があります。   (「薬草コーナー」に見られます。)

 

 

 

 

上向きに咲く、黄橙色の一日花……「ホンカンゾウ」

投稿日:2017年7月19日

※山形市野草園は熊侵入の形跡があったため、点検と安全対策のため、7月21日(金)まで休園中です。なお、再開園は決まり次第、お知らせいたします。

 

ホンカンゾウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホンカンゾウ(ススキノキ科)

日本に自生は無く、植栽されています。細長い剣状の葉は、長さ50~80cm、高さ60~100cmの茎を立てて茎頂に数個の花を付けます。黄橙~紅橙色の6弁花で、花被片の長さは7㎝程、上向きに咲く一日花です。同じ一重咲きのノカンゾウよりも茎や葉、花ともやや大形です。       (「クリンソウの谷」周辺に見られます。)

 

 

 

ノギラン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノギラン(キンコウカ科)

山地の半日陰などに生育し、穂状の花序を付ける多年草。葉は長さ8~20cmで、ショウジョウバカマの葉と似ています。花径は高さ30㎝前後で、葉の中心からずれて立ち上がり、淡黄褐色の小花は、花被片とそれより短い6個の雄しべ立って見えます。      (「ロックガーデン」に見られます。)

 

 

 

タケニグサタケニグサ アップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タケニグサ(ケシ科)

高さ2mを超す茎は中空で、この様子が竹に似るので、この和名です。葉は掌状で、粉白色を帯びるため、遠目では全体に白く見えます。白色の小花には花弁が無く糸状の多数の雄しべがホワッと見え、蕾を包んでいた2個の萼片は開花と同時に落下してしまいます。      (「大平沼」周辺等に見られます。)

 

 

 

ネムノキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネムノキ(マメ科)
葉は大形の偶数2回羽状複葉で、高さは10mにもなる落葉高木。夜になると小葉が閉じるので、この名です。枝先に付く紅色の花は、花弁は合着して目立たず、糸状に3.5cm程に伸びた長い雄しべが花を形作っています。マメ科ですが、蝶形花ではありません。     (「水辺の花コーナー」「友好姉妹都市の庭」等に見られます。)

 

千鳥が群れて飛んでいるよう……「ミズチドリ」

投稿日:2017年7月17日

ミズチドリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミズチドリ(ラン科)

湿原や沢地に生える、高さ40~70cmの多年草。線状披針形の葉は、基部で茎を少し抱きます。上部に穂状花序を出し、径1㎝程の純白花を多数付けます。上方の外花被はカブト状側方の外花被片は長楕円形で平開します。唇弁は短い舌型で、距は長く後ろに垂れます.花にはかすかに香気があるようです。    (「水辺の花コーナー」に見られます。)

 

 

 

オオダイコンソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオダイコンソウ(バラ科)

山野に自生する、高さ60~100cmの多年草。根生葉が大根に似ているのでこの名ですが、アブラナ科のダイコンと異なり、太い根はありません。全身に粗くて長い毛を密生させ、茎先に径1.5~2㎝の黄色の5弁花を咲かせます。世界の広い範囲に分布します。     (「友好姉妹都市の庭」近辺によく見られます。)

 

 

 

オオマツヨイグサ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオマツヨイグサ(アカバナ科)
北米原産で、明治初年に渡来し、広く野生化しています。1.5m程の茎の上部に、径6~8㎝の黄花を付けます。花弁はハート形で4枚、夕方になると咲き出すので“宵を待つ”との意味で名が付きました。茎に赤褐色の剛毛があるのが特徴です。      (「ロックガーデン」などに見られます。)

 

 

 

メマツヨイグサ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メマツヨイグサ(アカバナ科)

前述のオオマツヨイグサに比べ、草丈は30~150cmと小型です。茎には“白い伏毛”が生えます。花は径2~5㎝の小型の4弁花で、夜に咲き始めるのですが、日中も花が残るのが大きな特徴です。名はオオマツヨイグサに比べて小さく女性っぽいとの意味です。      (「友好姉妹都市の庭」に多く見られます。)