観察日記

葉が輪生、だから「クルマユリ」

投稿日:2014年7月25日

今日は野草園付近(神野)もいい天気です。気温は街中より3度は低いんですよ。ヤマユリ(19日紹介)が真っ盛りですが、ほかにもユリの仲間が咲いています。

 

0723クルマユリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クルマユリ(ユリ科)

日本の中北部の高山草地に自生する高さ20~50㎝の多年草。直立する茎の中程に、6~10枚の披針形の葉を輪生するので“クルマユリ”です。朱赤色の花は全開すると花被が著しく外に巻き、そり返ります。内側には濃紫褐色の斑点があります。

 

 

 

0725ウマノスズクサ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウマノスズクサ(ウマノスズクサ科)

土手などに生えるツル性の多年草。葉は先のとがった卵形、基部は耳状で、葉の腋から花柄をだし、横向きに花をつけます。ラッパ状に長くなっているのは萼で、上半分はだんだん広がり、先端は三角に尖ります。果実が、馬の首にかける鈴に似ることによる命名です。

 

 

 

0716オオダイコンソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオダイコンソウ(バラ科)

山野に自生する多年草。根生葉が大根に似ているのでこの名が付いていますが、大根とは違い、太い根はありません。全草に、荒い毛が密生しています。

 

 

 

0723オミナエシ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オミナエシ(オミナエシ科)

日当たりのよい山野に生える多年草。葉は対生し、茎は上部で枝分かれして茎の先端に黄色い小花を多数つけます。秋の七草として有名で、花が満開になると,その独特なにおい(悪臭?)で、「オミナエシが咲いているな」と分かります。

 

 

 

0725ヒヨドリバナ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒヨドリバナ(キク科)

山野に多く見られる多年生草本。葉は対生して短い柄があり、縮れた短い毛がまばらに生えています。上部の枝先に多数の白い頭花を付けますが、まれに紫色を帯びることがあります。

 

 

 

0723ヌスビトハギ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヌスビトハギ(マメ科)

日本全土のやや日陰のやぶや草地に生える多年草。葉は卵型の小葉3枚1セットです。背丈は50~100㎝、茎先から長い総状花序を出し、小さな蝶型の花をまばらにつけます。サングラスのような形の実を“盗人の足跡”に似ていると見立てての命名です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

湿地に生えるギボウシ「ミズギボウシ」

投稿日:2014年7月23日

0720ミズギボウシ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミズギボウシ(ユリ科)

湿地に生える多年草。“ギンボ”の仲間で「コバギボウシ」の名ですが、水辺に生えるのでこの名もあります。背丈は40~70㎝、ギボシの仲間では一番葉の幅が狭い種です。雄しべも雌しべも花被より外につきだすのが特徴です。

 

 

 

0721リョウブ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リョウブ(リョウブ科)

山林の中に生える落葉小高木。樹皮は薄皮となってはがれ、あとは茶褐色でなめらかです。枝先に小さな白い花を密に付けます。木肌がきれいなので、樹皮をつけたまま床柱として使われます。昔は、若い葉は救荒食物として保存食だったそうです。

 

 

 

0723ヌマトラノオ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヌマトラノオ(サクラソウ科)

湿った土中に地下茎を伸ばして群生する多年草。高さ50㎝ほどの茎頂に、5弁の小さな白花を総状に多数つけます。花序の様子が動物のしっぽに似るのでこの名です。

 

 

 

0720ハンゲショウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハンゲショウ(ドクダミ科)

水辺に生える多年草。白い根茎を伸ばして群生します。花が咲くころ、上部の葉が半分ほど白くなるのが特徴です。名は半夏生(7月2日頃)に白い葉を付けるからとか、半分化粧した意味だとか言われています。

 

 

 

0723エゾノヨロイグサ (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エゾノヨロイグサ(セリ科)

本州以北の草原や野山に生育する多年草。背丈は1~2mにもなり、紫色をおびた茎は分岐します。その分岐点が鎧の肩当てのように膨らんだ様子が名の由来のようです。

“秋の七草”でアサガオは…キキョウ

投稿日:2014年7月20日

「七草の庭」に咲いています。

 

0720キキョウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キキョウ(キキョウ科)

日当たりのよい山地や野原に生える多年草で、よく庭などで栽培され、八重咲きや白花など、園芸品種も多いようです。根は太く黄白色をしており、薬用とされています。直立した茎の上部に青紫色の鐘型5裂の花を開きます。秋の七草でいう“アサガオ”はこのキキョウのことです。

 

 

 

0720コオニユリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コオニユリ(ユリ科)

日当たりのよい湿り気のある山地に生える多年草です。葉は細長く、葉の腋にむかごを付けない点がオニユリとの違いです。花も小さく、つく花の数も少ないようです。花びらは6枚あり、上部にそり返り、内側には紫黒色の小点がまばらにあります。

 

 

0716クサキョウチクトウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クサキョウチクトウ(ハナシノブ科)

北米原産の多年草。葉は対生または輪生です。茎頂に紅紫色の花をつけますが、花の下部は細い筒状となり、上部は5列に平らに開き回旋してひだ状になっているのが特徴です。姿のあでやかさと白粉に似た香りから、「オイランソウ」とも言われます。

 

 

 

0719ヤブカンゾウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤブカンゾウ(ユリ科)

野原などに多い多年草です。葉は広めの線形で、先は少し垂れています。葉の間から花茎を出し、上部に黄赤色の花を数個つけます。一部の雄しべや雌しべが花弁化して八重咲きになっています。根茎から横にツルを出して殖えます。

 

 

 

0720ネジバナ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネジバナ(ラン科)

日当たりのよい野原や芝生などに生える多年草。葉の間から30㎝内外の花茎を出して、桃紅色の可憐な小花を多数咲かせます。その花がねじれて螺旋状につくので“ネジバナ”です。