開園日について

カテゴリー

アーカイブ

観察日記

昔、この材で弓を作ったマユミ

投稿日:2013年10月25日

 赤い実が目立ちます。

 

マユ7ミ10,17

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マユミ(ニシキギ科)

 山野に生える落葉低木です。6月に本年枝の基部から柄のある

集散花序をだし小さい淡緑色の花を開きました。果実は四角形で

淡紅色に熟しています。4つに深く裂けて赤い仮種皮に包まれた種

子があらわれてます。

 

 リクチュウナナカマドに似ているデワノハゴロモナナカマド

 

デワノハゴロモナナカマド10,17

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デワノハゴロモナナカマド(バラ科)

 上山市郊外の虚空蔵山で発見され、現在は山形県指定天然記念物

として保存されています。葉を見ると一見ナナカマドのように複葉ですが、

先の方は分裂していません。これはナナカマドとウラジロノキの雑種なの

で、それぞれの葉の形態が1枚の葉にあらわれたものと考えられます。

 

 へら形の葉状の苞に果実がついています。

 

ノジリボダイジュ10,17

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノジリボダイジュ(シナノキ科)

 シナノキとオオバボダイジュの雑種で、シナノキより葉は大きく

裏面は白みをおび、裏面全体に星状毛が密生して粉白色です。

へら形の葉状の苞に果実がついています。

 

果実もりっぱなオオウバユリ

投稿日:2013年10月24日

 寒い地方に分布するオオウバユリ

 

オオウバユリ実10,17

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオウバユリ(ユリ科)

 花盛りのころに根もとの葉が枯れてなくなることから、葉のないのを

歯なしの姥にたとえたのだが、葉のあるものも多い。ウバユリが西南

日本の低山を中心に分布しているのに対し、本種はそれより寒い地方

に分布しています。

 

 多くの実がなっているキタコブシ

 

キタコブシ(2)10,17

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キタコブシ(モクレン科)

 主に日本海側の山地に生える落葉高木です。葉はコブシより

ひとまわり大きく、花もやや大きくなります。集合果は拳のようで

熟すと袋果が裂け赤色の種子を白い糸でつりさげます。

 

 藍色の実をつけているサワフタギ

 

サワフタギ10,17

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サワフタギ(ハイノキ科)

 山地に生える落葉の低木です。春、本年枝の先から円錐花序を

出して白い花を密につけました。秋にゆがんだ球形の果実をつけ、

藍色に熟しています。名は沢をおおいかくすことからでたものと思わ

れます。

紅葉がひと際美しいアブラツツジ

投稿日:2013年10月23日

 ドウダンツツジの仲間はきれいに紅葉します。

 

アブラツツジ紅葉、実10,17

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アブラツツジ(ツツジ科)

 夏に淡緑色の花を総状につりさげました。花冠は小さい壺形で

先が浅く5裂しました。果実は球形で上向きにならず垂れ下がって

います。何とも言えない美しい紅葉です。 

 

 チシャノキとも言われるエゴノキ

 

エゴノキ(2)実10,17

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エゴノキ(エゴノキ科)

 樹皮はなめらかで暗紫褐色を帯びます。春に清楚な白い花を

つけました。果実は卵球形で灰白色です。果皮は縦に裂けて落

ち、褐色の堅い種子が1個残ります。種子はヤマガラの好物です。

果皮にはエゴサポニンが含まれています。

 

 オオヤマザクラの紅葉も美しい。

 

オオヤマザクラ紅葉10,17

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオヤマザクラ(バラ科)

 サクラの花は美しいのが当然ですが、秋の紅葉もなかなか

美しいものです。北日本に多く分布するオオヤマザクラや同じ

仲間のカスミザクラも赤色系の紅葉できれいです。