野草園からのおしらせ

黄色い雄しべの白い花がたくさんつり下がるエゴノキ

投稿日:2019年6月8日
3.みどころ情報

エゴノキ2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エゴノキ(エゴノキ科)

雑木林などに生えている落葉小高木です。今年伸びた小枝の先端に白い花を下向きに数個ずつ付けます。花は5裂した白い花弁で雄しべの黄色い葯が目立ちます。枝は数多く分岐しているので、枝は花でいっぱいです。花後にできる果実は毒性があります。名前の由来は果実が“えぐい”(あくが強くいがらっぽい)味がする木であるからです。 (「マグノリア通り」などに見られます)

 

 

ヤマボウシ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマボウシ(ミズキ科)

各地の山野に自生する落葉高木で花や葉は「ハナミズキ」に似ています。白い花びらに見えるのは葉が変わった“苞”で、その中心にある淡黄緑色のものが花序(花の集まり)です。花弁と雄しべが4個、雌しべが1個の小さな花が20~30個集合したものです。名前は花の集まりを法師(僧兵)の頭に、白い苞を頭巾に見立てたようです。 (「中央広場」などに見られます)

 

 

テツカエデ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テツカエデ(ムクロジ科)

山地の沢沿いなどに生える落葉高木で日本の固有種です。たくさんの淡黄緑色の花をつけた長さ10~20cmの細長い円錐花序を枝に垂れ下げます。雌雄同株で、1つの花序に雄花と両性花を混生しますが、大部分は雄花です。 (「クリンソウの谷」の西側に見られます)

 

 

シロバナカキツバタ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シロバナカキツバタ(アヤメ科)

青紫色のカキツバタがたくさん咲く所に、数株だけ白いカキツバタが咲いています。背丈も花の形も青紫色のカキツバタと同じです。花被片の色はみな白色で、葉にも中脈はありません。カキツバタの変種なのでしょう。 (「水辺の花コーナー」に見られます)

 

 

ワニグチソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワニグチソウ(キジカクシ科)

林内に生える多年草で茎の高さが20~40cmです。葉は倒卵状楕円形でその葉腋から花が垂れ下がっています。花柄の先に2個の苞がつき、抱かれるように白い2個の筒状花がついています。 (「藤棚」の北西側に見られます)

 

 

イブキトラノオ2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イブキトラノオ(タデ科)

低山から高山帯に生える多年草で草丈1m程、分枝しないのが特徴です。茎頂に5cm程の円柱形の花穂を付けます。小花は白色~淡紅色です。名前は滋賀県の伊吹山に多く見られ、長い花穂を虎の尾に見立ててつけられたようです。 (「ロックガーデン」の北側に見られます)

 

 

ヤブジラミ2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤブジラミ(セリ科)

野原に生える草丈30~80cmの越年草です。茎は枝分かれし、葉は2、3回羽状複葉でニンジンの葉のようです。枝先に複散形花序を出し白色の小さな花を多数付けます。名の由来は藪に生え刺毛のある果実が衣類にくっ着くのをシラミに例えたようです。 (所々に見られます)