野草園からのおしらせ

高山植物のカライトソウ

投稿日:2012年7月21日
3.みどころ情報

 美しい絹糸になぞらえました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カライトソウ(バラ科)

 本州中部の高山帯に生える多年草です。花は先端から開花します。

萼裂片はそり返り、花弁はありません。雄しべは10個位あり、花の外に

とびだし糸状の花糸は紅紫色で非常に美しく、先端に黒紫色の葯をつ

けます。唐糸とは中国から渡来した絹糸のことです。

 

 

 オミナエシが早くも咲き始めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オミナエシ(オミナエシ科)

 日当たりのよい山野に生える多年草です。葉は対生し羽状に分裂し

裂片は狭くまた尖ります。茎は上部で枝分かれし、黄色の小さい花を

多数つけます。果実は長楕円形でまわりは翼状にはなっていません。

秋の七草として有名な植物です。花が満開になるとその独特なにおい

で、オミナエシが咲いていることがわかります。

 

 

 葉がボタンのようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クサボタン(キンポウゲ科)

 山地の草原などに生える落葉低木で、葉は3出複葉で対生します。

茎の先端や葉のわきから淡紫色の花をだし、多数の花を下向きにつ

けます。花は狭い鐘形で先はそり返ります。

 

 

 高山植物のシロバナトウウチソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シロバナトウウチソウ(バラ科)

 東北地方の高山帯に生える多年草です。葉は奇数羽状複葉で

小葉は3~6対あります。花は穂の先から開花します。花は白色

ですが、時には紅色をおびるときもあります。花弁はなく、花弁状の

萼片が4個あり、雄しべは4個で萼片からつきでます。

 

 

 ハエ取紙として使ったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハエドクソウ(ハエドクソウ科)

 山野の林の中に生える多年草です。花は小さく下から咲きます。

花は初め上を向いていますが、しだいに横向きになり、果実の時は

下向きになります。根のしぼり汁でハエ取り紙をつくったことから、

ハエドクソウ、ハエトリソウと呼ばれています。