開園日について

カテゴリー

アーカイブ

野草園からのおしらせ

風薫る5月 もうすぐ

投稿日:2020年4月29日
3.みどころ情報

DSC_0040 (3)DSC_0037

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミズバショウの咲く湿地の奥に、大平沼の水が揺れています。少しだけ目を上げると、堤防の上には薄紅色のオオヤマザクラが並んで咲いています。通り過ぎていく風が心地良く、思わず青空を見上げてしまいます。すると、エドヒガンやソメイヨシノが目に飛び込んできます。《4月末から5月初め、野草園で見ることが出来る風景です》

 

 

 

DSC_0086

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シラネアオイ(キンポウゲ科)
日本固有の植物で、中部地方以北の多雪地に生える多年草です。茎の先に淡紅紫色の花を横向きにつけます。日光の白根山に多く生え、花がタチアオイに似ていることが名前の由来です。5月初めの野草園の代表的な植物で、その気品のある姿を見に多くの方が訪れます。 (「ひょうたん池」の西側などで見られます)

 

 

 

 

DSC_0124

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シロバナエンレイソウ(シュロソウ科)別名:ミヤマエンレイソウ
野草園にある3種類のエンレイソウの中でも一番遅く咲きます。エンレイソウの仲間は3の倍数づくし。葉は3枚、萼も3枚、雄しべは6つ(3×2)、雌しべの先は3つに分かれるという不思議な植物です。4月末、3種類のエンレイソウが見られるようになりました。(「ひょうたん池」西側で見られます)

 

 

 

 

DSC_0114

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キバナイカリソウ(メギ科)
不思議な生き物が空を飛んでいるような形のイカリソウ。本種は日本海側に多く分布し、山の林の中などに生える多年草です。太平洋側に多い赤紫色のイカリソウと同様に、4個の花弁から長い距が突き出し、花の形が船の錨に似ていることが名前の由来です。(「ロックガーデン」などで見られます)

 

 

 

 

DSC_0420アンズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アンズ(バラ科)
山形市立第八小学校の校歌にアンズが登場します。♬~あんずの花の開いたように素直な心わたしたち~♬ 野草園では桜と同じ頃に開花します。(「吉林の庭」で見られます)

 

 

 

P4284445アーモンド

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アーモンド(バラ科)               

山形市の友好姉妹都市である、オーストラリアのスワンヒル市の主産物がアーモンドということで、園内に植栽してあります。桜より大きく見応えのある花です。 (「スワンヒルの庭」で見られます)