野草園からのおしらせ

雪解けした枯れ葉の土から白い小花「アズマイチゲ」が開花

投稿日:2019年4月4日
3.みどころ情報

アズマイチゲ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アズマイチゲ(キンポウゲ科)

花は春の日差しを受け、早春の間にだけ咲いて、夏には葉や茎も枯れてしまう短い命です。花径3~4cmで花弁はなく、8~13個の花弁状の白い萼片からなり、基部が少し紫色を帯びて雄しべと雌しべは多数です。天気が悪くなると花はすぐ閉じてしまいます。東日本に多く分布しイチリンソウ(イチゲ)の仲間なのでこの名がついています。 (「ミズバショウの谷」の東側に見られます)

 

 

ミスミソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミスミソウ(キンポウゲ科)

野草園ではオオミスミソウが咲いた後で、一回り小さい花茎2~3.5cmのミスミソウが咲き始めました。写真は赤紫色の花ですが、白色やピンク色の花も咲きます。ミスミソウという名は、三角の形をした葉からついたようです。 (「ひょうたん池」の東側などに見られます)

 

 

リュウキンカ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リュウキンカ(キンポウゲ科)

湿地に生え、葉は丸い形をしています。径2~3cmの花の黄色に見えるのは花弁状の萼片で、花弁はありません。鮮やかな黄色が金色のように見え、立った茎に花をつけるので「立金花」と名付けられたようです。野草園にあるリュウキンカは秋(9月下旬頃)にも花を咲かせます。 (「クリンソウの谷」を流れる小川に見られます)

 

 

ハシバミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハシバミ(カバノキ科

山地の日当たりの良い所に生える落葉低木です。葉が開く前に開花します。たれ下がっているのが雄花序(雄花の集まり)で、小さく赤いものが雌花序(雌花の集まり)です。雌花序は芽鱗に包まれたまま開花し赤い先だけが伸びています。風によって花粉が運ばれ受粉します。 (いろいろな所に生育、「クリンソウの谷」の北東側に大きいものが見られます)

 

 

アセビ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アセビ(ツツジ科

高さが1~3mの常緑低木で白くて小さな壺形の花を下向きにたくさんつけた姿は清楚です。しかし、有毒な植物です。牛や馬が葉を食べると麻痺するので「馬酔木(あせび)」と呼ばれるようになったようです。早春に白い壺形の花がたくさん付くので綺麗なため公園などにも植えられています。 (「吉林の庭」で見られます)