野草園からのおしらせ

金色のミズヒキ

投稿日:2012年7月31日
3.みどころ情報

 紅白のミズヒキに先がけて咲きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キンミズヒキ(バラ科)

 山野に多い多年草で、全体に粗毛があります。葉は羽状複葉で

5~9枚の小葉からなります。黄色い5弁花を長い花穂につけます。

名はタデ科のミズヒキに似て、花が黄色のためです。

 

 

 秋の終わりころまで咲いているセンニチコウを植栽しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

センニチコウ(ヒユ科)

 熱帯アメリカ原産の1年草です。長楕円形の葉が対生します。

茎の先に花茎をだし、枝先に球状の花をつけます。花色は赤と

白の両方があります。赤や白色の部分は鱗片状の包です。

名は花が長持ちするからです。

 

 

  根茎をチョウセンニンジンンの代用として使います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トチバニンジン(ウコギ科)

 山中の陰地に自生する多年草です。淡黄緑色の小さな花は

咲き終わり、赤い果実になっています。葉がトチの葉に似てい

るのでトチバの名があります。果実の先端が黒いものを、ソウシ

シヨウニンジンといいます。

 

 

 トンボに似ているラン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トンボソウ(ラン科)

 山地の湿った林下に生える多年草で、葉は下部に集まります。

茎の先端に淡緑色の小さな花を総状にたくさんつけます。名は

花の形によります。

 

 

 海岸の砂地に生えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナミキソウ(シソ科)

 海岸砂地に群生する多年草です。本園では、ハマヒルガオ、コウボウシバ

などどいっしょに植栽しています。長卵形の葉は対生します。茎の上部に、2

列に青紫色の花を一方に向いてつけます。和名は、浪来草で海岸に生える

ことによります。

 

 

 花のうちは名前の由来がわかりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヌスビトハギ(マメ科)

 やや日陰のやぶに生え、ハギに似た花をつける多年草です。卵形の小葉3枚を

茎全体につけます。葉のわきから花序をだし、淡紅色の蝶形花をまばらにつけます。

名は果実が盗人の足に似ているからです。変種のヤブハギは葉が茎の中央付近に

集まってつきます。

 

 

 葉の感じが鋸みたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノコギリソウ(キク科)

 山地に自生しますが、観賞用としても栽培しています。

全体に軟毛があり、葉のふちは細かく深裂しています。

白色の小さな花を開きます。淡紫色、紅紫色の花色も

あります。名は葉の形によります。