野草園からのおしらせ

野草園で一番遅い花が開花しました…「マルバノキ」

投稿日:2016年10月23日
3.みどころ情報

1021 マルバノキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マルバノキ(マンサク科)

互生する葉が卵形~円形で、基部が心形になっているのでこの名です。別名は「ベニマンサク」で、暗紅紫色の花色によります。高さ3m程の落葉低木で、葉腋に径1cm程の暗紅紫色の花を2個、背中合わせに開くのが特徴です。野草園では例年、本種が最も遅く開花する植物です。      (「カエデの森」近辺に見られます。)

 

 

 

1023 シラキ紅葉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シラキ(トウダイグサ科)の紅葉

樹皮が灰白色で滑らかなことからの和名です。互生する葉は全縁で、大きく波打つ特徴があります。秋の紅葉は色がとても鮮やかで、周りの樹木に秀でています。果実は油分に富み、ウズラ模様のある球果です。    (「ロックガーデン」に見られます。)

 

 

 

1023 ヤマボウシ紅葉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマボウシ(ミズキ科)の紅葉

山野に自生する、高さ6~10mの落葉高木。花や葉はハナミズキに似ており、対生する葉は楕円形で全縁、多少波状にうねります。今は写真のように暗赤色に紅葉しています。     (「中央広場」等で見られます。)

 

 

 

1023 オオバクロモジ黄葉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオバクロモジ(クスノキ科)の黄葉

低山や林の斜面に分布する、高さ5m程の落葉低木。緑色のスベスベした肌に次第に黒い斑紋ができる事が多く、“黒文字”の由来になっています。葉や枝にレモンの様な芳香があるのが特徴ですが、秋には美しい黄葉を見せてくれます。        (「花の草原」近辺で見られます。)