野草園からのおしらせ

遅咲きのカスミザクラが満開

投稿日:2019年5月6日
3.みどころ情報

満開のカスミザクラカスミザクラ2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カスミザクラ(バラ科

オオヤマザクラが咲き終わる頃にカスミザクラが咲き始めます。園内にたくさんある野生の桜で、赤い若葉と花が同時に見られ、花は白っぽくヤマザクラに似ています。しかし、花柄に毛があるのが特徴で、別名ケヤマザクラとも呼ばれます。名の由来は、山地に多く咲くため、周りの新緑と花が重なり、山に霞がかかったように見えるからだそうです。 (園内の所々に見られます)

 

 

カッコソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カッコソウ(サクラソウ科)

林の下などに生育する多年草で、葉は広円形でしわが多く、茎や葉や萼片には白い毛が密生しています。茎の先に径2~3cm程の花を数個輪生状に1~3段付けます。花は濃い紅紫色の深く5裂したハート形花弁で、中央は黄色です。その濃い色から「勝紅草」の漢字名がつけられたようです。 (「ハーブ園」の北側に見られます)

 

 

サクラソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サクラソウ(サクラソウ科)

山地の湿り気の多い所に生える多年草で、花が美しいのでよく栽培され園芸品種も多いです。葉は楕円形でしわが多く縁は浅く切れ込んでいます。名前はサクラに似ているから付いたようです。しかし、5枚に見えるハート形の紅紫色の花弁は下の方がくっ付き筒状になっています。サクラソウは合弁花です。(「クリンソウの谷」の北側に見られます)

 

 

オサバグサ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オサバグサ(ケシ科)

1属1種の日本固有の植物で針葉樹林の下などに生えます。葉は根生葉で、細かく羽根状に切れ込みシダ植物に似ています。いわゆる“くしの歯”の様になっています。名前は葉が機織りの“おさ”に似ていることからついたようです。花は白色の4弁花を下向きに総状に付けます。 (東トイレの南側のスギ林に見られます)

 

 

ヤマブキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマブキ(バラ科)

細い枝が根元から群がり立って横に伸び、緑色の細い小枝の先に山吹色(黄色)の5弁花を1個ずつ上向きに付けます。名前の由来は、細くしなやかな枝が風に揺れる様子から山振(やまふき)と名づけられたからのようです。(「アジサイロード」の南側などに見られます)

 

 

スモモ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スモモ(バラ科)

古くから栽培されている果樹で、直径5cm程の赤い果実を付けます。花は直径2cm程の白い5弁花で、萼片も5個、花柄が1.5cm程です。甘酸っぱい果実はジャムなどに利用されます。名の酸桃(すもも)の由来は果実の酸味が強いことによるようです。(「七草の庭」の東側に見られます)

 

 

イカリソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イカリソウ(メギ科

太平洋側に多く分布し、山の林の中などに生える多年草です。花の色は淡い紅紫色で、花は下向きに開き、4個の花弁から伸びた長い距が四方に突き出して上の方に曲がっています。名前は花の形が船の碇に似ているので名づけられたようです。(「スワンヒルの庭」の北側などに見られます)