野草園からのおしらせ

赤い珊瑚のようなクマノミズキの果柄

投稿日:2019年11月14日
3.みどころ情報

クマノミズキの果実と果柄クマノミズキの果柄

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クマノミズキの果実と果柄(ミズキ科)

山地に生育し10m程の高さにもなる落葉高木です。7月にたくさんの白い小花の散房花序を枝に付けました。今はそれが、赤みがかった果柄と青黒い果実になっています。この果柄は赤くなり、まるで珊瑚のように見えます。もう葉と果実が落ち果柄だけの木(写真右)がほとんどです。 (「ナナカマドの森」などに見られます)

 

 

アキニレの果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アキニレの果実(ニレ科)

山地や平地に生える樹高15mにもなる落葉高木です。葉は革質で少し硬く、葉脈が斜め平行になっています。花が終わるとすぐ楕円形の果実をたくさん付けます。果実には翼があり黄緑色ですが、しだいに赤みがおび、そして茶色になってきます。最後は強い風によって吹き落されます。 (「ボルダーの庭」に見られます)

 

 

エゾユズリハの果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エゾユズリハの果実(ユズリハ科)

多雪地域に多い常緑低木で、葉は互生ですが枝先に集まってつき、葉柄や若い枝は紅色を帯びています。雌雄異株で、5~6月に枝の葉腋から葉柄を伸ばし花を付けました。今、雌株には直径8mm程の黒色の果実を垂れ下げています。 (「マグノリア通り」に見られます)

 

 

ヒオウギの果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒオウギの果実(アヤメ科)

夏に橙色の斑点の花を咲かせていましたが、今は果実の外皮が割れ、中の黒い果実が見えています。あまりにも黒く、「ぬば玉」ともよばれています。ぬば玉は古来より「黒」の枕詞として使われています。 (「マグノリア通り」などに見られます)