開園日について

カテゴリー

アーカイブ

野草園からのおしらせ

薬効あらたか《ゲンノショウコ》

投稿日:2020年7月24日
3.みどころ情報

DSC_0581 DSC_0583

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゲンノショウコ(フウロソウ科)
昔から下痢止めの薬草として有名です。煎じて飲めばたちまち薬効(証拠)が“現れる”。それで、「現の証拠」という名前が付けられたようです。径2cm程の小さな花は、白紫色の花弁が5個で濃紫色の脈(筋)が目立ちます。東日本では白花、西日本では淡紅花が咲くようです。不思議です。 (園内の所々で見ることができます)

 

 

 

DSC_0586 DSC_0585

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オモダカ(オモダカ科)
葉の形が独特で、下半分が2つに裂けたやじり形をしています。葉が人の顔に見えて、花より高い位置にあるのでオモダカ(面高)という名前が付いたと言われています。水田や水路等に生える多年草ですが、葉の形を覚えておけば間違うことはないでしょう。 (「クリンソウの谷」の小川で見ることができます)

 

 

 

DSC_0562 DSC_0563

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネジバナ(ラン科)
可愛いピンクの花が、茎にらせん状につきます。捻じれているように見えるので、ネジバナという名前がつきました。淡紅色の唇形の小花に近づいてよく見ると、いかにもラン科の花という印象です。できれば、虫眼鏡で見てみましょう。 (「マグノリア通り」などで見ることができます)

 

 

 

DSC_0573DSC_0574

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツユクサ(ツユクサ科)
身近なところで見かける、よく知られたツユクサです。改めてよく見てみると、花弁の鮮やかすぎる青色に驚かされます。そして、その青をバックに黄色い雄しべが目立ちます。早朝に咲いた花は午後にはしぼんでしまいます。まさに、“朝露”の如し。 (所々で見ることができます)

 

 

 

DSC_0572 DSC_0557

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フシグロセンノウ(ナデシコ科)咲き始め
ちょっとうす暗い林の中で、鮮やかなオレンジ色のフシグロセンノウを見つけた時、なぜか驚いてしまいます。林内に灯がついているような印象を受けるからです。これからたくさん咲いてきます。ぜひ見つけてください。センノウ属の花で、茎の節の部分が紫黒色であることが名前の由来です。 (「ひょうたん池」の西側などで見ることができます)

 

 

 

DSC_0853キンミズヒキ DSC_0011キンミズヒキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キンミズヒキ(バラ科)

素敵な名前がついています。黄色の花を“金”に、穂状の花の集まりを“水引”に例えた名前です小花はバラ科らしく5弁花で、下から順に咲いていきます。花後、熟した果実にはかぎ状の刺があり、この刺で動物や衣服にくっつきます。花は綺麗ですが、何とも厄介です。 (園内の至る所で見ることができます)