野草園からのおしらせ

茎の上部に白い筒状花の円錐花序をつけ、葉腋にはむかごをつけるタマブキ

投稿日:2019年9月11日
3.みどころ情報

タマブキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タマブキ(キク科)

山地の木陰に生える多年草で茎の高さは0.5~1.5mです。葉は葉柄が長く互生し、葉の形は三角状心形で縁には粗い鋸歯があります。葉腋に径1cm程のむかごを多数つけ、茎の先に花の円錐花序をつけます。花は5~6個の黄色の小花からなり、すべて筒状花です。 (「ひょうたん池」の南西側に見られます)

 

 

イワショウブ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イワショウブ(チシマゼキショウ科)

亜高山帯の湿地に生える多年草で草丈20~40cm、葉は線形の根生葉です。花茎の先に白色の小花を総状に付けます。花茎に腺毛が密生して粘りけがあります。小さな虫はくっつくそうです。 (「ロックガーデン」に見られます)

 

 

メドハギ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メドハギマメ科)

野原に生える多年草で茎の高さは60~90cmです。茎はやや木質化して稜があり、毛もあります。葉は3小葉を持つ複葉で、密に互生します。花は葉の脇に2~4個集まって付き、黄白色で紫色の斑紋がある蝶形花です。 (「ロックガーデン」などに見られます)

 

 

タマゴダケ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タマゴダケ(テングダケ科)

若いときは白色の外被膜に覆われ、卵形なのでこの名があります。やがて、膜の上部が破れて赤色の傘が現れます。ヒダは黄色で、柄は黄色に赤色の模様があります。派手で毒キノコのように見えますが、毒はありません。 (「ロックガーデン」や林の中などに見られます)