野草園からのおしらせ

花は美しいのに、名はクサギ

投稿日:2019年8月7日
3.みどころ情報

クサギ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クサギ(シソ科)

日当たりの良い山野の林縁などに生える落葉小高木で、花は紅紫色の萼と5裂し平らに開いた白色の花弁、そして長い雄しべと甘い芳香もあります。花後は萼が濃紅色になり、深裂して星状に開き中央に藍色の果実を付けきれいです。しかし、葉を傷つけると臭気がするのでこの名がついてしまったようです。 (「ミズバショウの谷」の南東側などに見られます)

 

 

ハナトラノオ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハナトラノオ(シソ科)

北米原産で大正時代に渡来した草丈60~120cmの多年草で、茎は角張りピンク色の花の総状花序が直立します。1つの花は唇形で下から上へ順に咲いていきます。白色もあります。総状花序が虎の尾のようにやや長く、花が美しいのでこの名がついたようです。別名カクトラノオです。 (「スワンヒルの庭」の西側に見られます)

 

 

ルリタマアザミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ルリタマアザミ(キク科)

地中海沿岸~西アジアに分布する草丈1m程の多年草です。葉は長楕円形で深く切れ込み、縁に刺がありアザミに似ています。茎頂に径5cm程の球形の花を付けますが、詳しく見ると、紫色の深く5裂した花弁を持つ小さな筒状花が集まって球状になっています。日本には同じ仲間のヒゴタイが山野に自生します。 (「七草の庭」に見られます)

 

 

センニチコウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

センニチコウ(ヒユ科)

熱帯アメリカ原産の草丈50cm程の1年草です。茎頂に紫色や白色の球状の花を付けますが、詳しく見るとたくさんの花の集まりです。花期が非常に長く、色が鮮やかなので「千日紅」の名が付いたようです。この花は乾燥させても色があせず長持ちするのでドライフラワーにも利用されます。 (「スワンヒルの庭」に見られます)

 

 

ハネミギク2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハネミギク(キク科)

北米原産で、養蜂用の蜜源植物として各地に植栽したものが野生化しました。草丈1.5~2mにもなる多年草で、茎や葉に短い毛があり、茎に著しい翼があります。茎先に黄色い花を多数付けます。花は3~8個の舌状花と筒状花の集まりです。 (「ウランウデの庭」の北西側に見られます)