野草園からのおしらせ

花の形が「大」という文字に似ているのでミヤマダイモンジソウ

投稿日:2018年9月23日
3.みどころ情報

ミヤマダイモンジソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミヤマダイモンジソウ(ユキノシタ科)

山地の湿った岩上などに生える多年草でダイモンジソウの高山型です。ダイモンジソウは花柄や茎に短い毛がありますが本種は無毛です。花茎の高さは10~30cmで、葉は根生し腎円形です。まばらな円錐状の花序に白色の細い5弁花を数個つけます。上3弁が短く下2弁が長いので「大」の字に見えるのです。 (「ロックガーデン」に見られます)

 

 

アメリカセンダングサ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカセンダングサ(キク科)

北米原産の1年草で大正時代に確認された帰化植物です。茎は暗紫色でやや角ばっており、草丈1~1.5mです。枝先に黄色い筒状花の集まりの花を付けます。緑色で小葉のように見えるのは総苞片です。果実(そう果)がくっつきます。 (園内の所々に見られます)

 

 

コマユミの果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コマユミの果実(ニシキギ科)

山地の林内に生え、高さ1~3mになる落葉低木です。本種は枝に翼がなく、翼があるものはニシキギです。今、赤色に熟した果実が2つに裂開して、中から橙色の仮種皮に包まれた種子を1又は2個出しています。 (「クリンソウの谷」などに見られます)

 

 

アキグミの果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アキグミの果実(グミ科)

葉は銀色の鱗状毛が密生し裏面は白っぽい色です。5~6月に淡黄色の花を咲かせていましたが、今は葉腋(葉の根元)に丸形(球形)の赤い果実をたくさん付けています。やや渋い味がします。 (「ロックガーデン」の南東側に見られます)