開園日について

カテゴリー

アーカイブ

野草園からのおしらせ

秋 萩の季節 《ツクシハギ》

投稿日:2020年9月6日
3.みどころ情報

P8121178※DSC_0145ツクシハギ (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツクシハギ(マメ科)
秋といえば萩の花、古く万葉の時代から親しまれてきました。万葉集に一番数多く詠まれている花は、梅でも桜でもなく《ハギ》です。秋の七草の歌に詠まれているハギはヤマハギ(8/16に紹介)ですが、ツクシハギも日本固有のハギです。蝶形の花は美しく、上にある旗弁(きべん)は白色、基部に紫色の筋があります。横にある翼弁(よくべん)は紫色、下の竜骨弁(りゅうこつべん)は白色で先が紫色です。 (「七草の庭」で見ることができます)

 

 

 

PA072746 サクラタデ (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サクラタデ(タデ科)
花のアップした写真を見ると、名前の由来がわかります。小さいながらも、サクラにそっくりの花です。小さいのでややもすると通り過ぎてしまいがちですが、足をとめてじっくりカメラを向けてみましょう。可愛らしいサクラタデの姿が見えてきます。花弁状のものは萼片で5裂し、サクラのような花弁はありません。 (「クリンソウの谷」の南側などで見ることができます)

 

 

 

アキノウナギツカミ (2) アキノウナギツカミ (7)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アキノウナギツカミ(タデ科)
何とも不思議な名前です。他の植物に寄りかかるように長く伸びたつる状の茎には下向きの短い刺がたくさんあり、触ってみるとザラザラします。それが、ヌルヌルしたウナギでもつかめるだろうということで名前がついたようです。葉は矢じり形で、基部は茎を抱いています。枝先に淡紅色の小花が集まってつきます。(「水辺の花コーナー」などで見ることができます)

 

 

 

P9052029 DSC_0435

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オケラ(キク科)
名前だけ聞くと昆虫のオケラを思い浮かべてしまうことが多いようです。由来は古く万葉時代の“ウケラ”という名前が、“オケラ”に転訛したといわれています。茎先に総苞を持つ白色の筒状花がつきますが、総苞の周りに魚の骨を並べたような苞葉があります。若芽はおいしい山菜として知られています。 (「スワンヒルの庭」の西側で見ることができます。)