野草園からのおしらせ

白色の植物、アキノギンリョウソウ

投稿日:2019年9月14日
3.みどころ情報

アキノギンリョウソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アキノギンリョウソウ(ツツジ科)

山地の林内の木陰などに生える草丈10~20cmの多年草です。腐生植物と呼ばれるこれらの植物は葉緑体を持たないため体全体が白く、光合成ができないので、落ち葉などから養分を取っています。茎には鱗片葉があり、花は下を向き雄しべも雌しべもあります。名前の由来は、姿が銀色の竜のようだからのようです。 (「薬草コーナー」西側斜面に見られます。)

 

 

マルバハッカ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マルバハッカ(シソ科)

ヨーロッパ原産の多年草で高さが30~80cmです。葉は対生し、広楕円形で表面は脈がへこんでしわが目立ち、裏面は白い毛が密生しています。茎先に白い小さな花の花穂をつけます。 (「薬草コーナー」に見られます)

 

 

ミョウガ2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミョウガ(ショウガ科)

東アジア原産で、地下茎を伸ばして成長する多年草です。地表に伸びているのは葉です。葉の下に地面から出てきた若芽から白い花が咲き出ています。それは花ミョウガと呼ばれ食用にされます。名は「芽香・女加(めが)」が訛ってミョウガになったと言われています。(「クリンソウの谷」の北東側に見られます)

 

 

ミヤマガマズミの果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミヤマガマズミの果実(レンプクソウ科)

山地に生える落葉低木で、葉の表面は無毛なのですべすべしています。5月に白い小花の散房花序を出していましたが、今は6~7mmの赤い球果をたくさん付けています。これは酸味があり食べられます。 (「ロックガーデン」の登り口などに見られます)