野草園からのおしらせ

白いブラシのような小花の集まり、サラシナショウマ

投稿日:2019年9月7日
3.みどころ情報

サラシナショウマ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サラシナショウマ(キンポウゲ科)

山地の落葉樹林内に生える多年草で高さが1~2mです。枝先に白い小花の花穂を出し、両性花と雄花をつけます。1つの小花は萼片と花弁は早く散ってしまい、たくさんの雄しべと3個の雌しべが残ります、雄花には雌しべはありません。名前の由来は、若芽が食用になるためゆでて水によくさらしたこと、根を乾燥させ漢方薬の材料として使われたので升麻という名がつけられたようです。 (「クリンソウの庭」西側などに見られます)

 

 

フシグロ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フシグロ(ナデシコ科)

山野に生える越年草で、草丈80cm程の茎の節が暗紫色を帯びるためこの名がつけられたようです。茎の先や葉腋に白色の小花を付けます。鐘形の花は長さが1cm程で花弁は白色で小さく、先は浅く2裂しています。葉は4~7cmの長さで長楕円状倒披針形です。 (「ロックガーデン」に見られます)

 

 

オケラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オケラ(キク科)

山地の日当たりの良い草地に生える多年草です。葉は堅く縁に細かい刺状の鋸歯があるのが特徴です。茎先に総苞を持つ白色の筒状花がつきますが、総苞の周りに魚の骨を並べたような苞葉があります。若芽は食用になるそうです。名は古名のウケラが訛ったものと言われています。 (「スワンヒルの庭」の北側に見られます。)

 

 

ツクバネソウの果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツクバネソウの果実(シュロソウ科)

林の下に生育する多年草で草丈20cm程、6月初め頃、茎頂に4枚の葉を輪生させ、その中心に1つの花をつけました。今、花後につくられた黒い果実は名前の通り、羽子板でつく羽根つき玉に似ています。 (「薬草コーナー」の南側斜面に見られます)