野草園からのおしらせ

湿地の「ミズバショウの谷」はザゼンソウでいっぱい

投稿日:2019年4月1日
3.みどころ情報

ザゼンソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ザゼンソウ(サトイモ科)

湿地に群生する野草園の代表的な早春の花です。外側の暗紫茶色の花びらのように見えるものは、高さが10~15cmの仏炎苞というもので葉が変化したものです。中にあるものが花序(小花の集まり)です。ザゼンソウの名は座禅をする僧侶の姿に似ているとしてつけられたようです。 (「ミズバショウの谷」に見られます)

 

 

ネコヤナギ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネコヤナギ(ヤナギ科)

川や沼の側の湿った場所に生育する雌雄異株の落葉低木です。枝には帽子状の芽鱗が抜け落ち銀色の絹毛に覆われた花序がたくさん付いています。写真の雄株の雄花序は紅色の葯が出てやや赤っぽく見えます。そして葯が開き黄色い花粉を出します。 (大平沼の北側の岸に見られます)

 

 

ハンノキ2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハンノキ(カバノキ科

湿地にたくさんのハンノキの木があります。その木の枝に細長い茶色のものがぶら下がっています。それが雄花なのです。雄花からは花粉が出て風で運ばれます。その雄花の上にある小さな赤茶色のものが雌花です。茶色の丸いものは前年の果穂です。 (「ミズバショウの谷」や「クリンソウの谷」に見られます)

 

 

クリスマスローズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリスマスローズ(キンポウゲ科)

ヨーロッパから中国に生育する植物で明治時代に日本へ入ってきたようです。暖かい地方ではクリスマスの頃に咲き始めるのでこの名があります。本園では早春に咲きます。花は花径5~6cmとやや大きく、白又は淡赤紫色を帯びた花弁状の5個の萼片とたくさんの雄しべがあります。園芸品種もたくさんあります。 (「吉林の庭」の西側に見られます)

 

 

フキノトウ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フキノトウ(キク科)

淡緑色の苞に包まれたフキの若い花茎がフキノトウです。雌雄異花なので頭花の黄色っぽいのが雄花で、写真のように白っぽいのが雌花です。雌花は受粉後花茎を伸ばしタンポポのような線毛を付けた種子を飛ばします。春の山菜として食べられます、成長すると丸っぽい大きな葉を付け葉柄は食用にされます。 (園内の所々に見られます)