野草園からのおしらせ

水色のエゾアジサイが咲き始めました

投稿日:2019年6月26日
3.みどころ情報

エゾアジサイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エゾアジサイ(アジサイ科)

日本海側の山地などに多く、太平洋側に多いヤマアジサイに近い植物ですが、葉や花は本種の方が大きいです。花は淡青色の小さな両性花と周りに4弁の装飾花をつけます。面白いのは、両性花の受粉が終わると周りの装飾花がくるりと裏返って役目を終わったと示すところです。 (「アジサイロード」に見られます)

 

 

アワモリショウマ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アワモリショウマ(ユキノシタ科

九州~近畿地方の山地などに自生しますが、観賞用に庭園にも植えられる多年生草本です。茎の上部に円錐花序をつくり、淡紅色の小花を多数つけます。小花が泡を盛ったように多数つく姿に名前の由来があるようです。 (「七草の庭」に見られます)

 

 

キリンソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キリンソウ(ベンケイソウ科)

山地の草原や林縁などに生える草丈20~50cmの多年草です。茎の先に黄色の花弁が5個ついた小花を多数つけます。名前の「黄輪」は黄色い花が輪になって咲く草であるからついたようです。 (「ロックガーデン」に見られます)

 

 

ヤマホタルブクロ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマホタルブクロ(キキョウ科)

ホタルブクロと同じ仲間で、生育場所や大きさなどもほとんど同じようです。違いは本種の萼片の間の部分が反り返らずに膨らんでいる点です。この花が咲くと野草園でもそろそろホタルが現れます。 (「アジサイロード」や所々に見られます)

 

 

オニノヤガラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オニノヤガラ(ラン科)

腐生植物と言われ、光合成を行わず、ナラタケ属の菌に寄生して養分を得る特殊な生態の多年草です。黄褐色の花を茎の先に多数総状に付け、下から開花していきます。葉はなく茎だけが真っ直ぐ地面から突き出しています。それは空の上から鬼が矢を放ったようだとのことから名前がついたようです。 (「薬草コーナー」の東側の杉林に見られます)

 

 

ウメガサソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウメガサソウ(イチヤクソウ科)

山地の林の中に生える多年草です。高さは5~15cmで、葉は長楕円形で互生します。茎の先に花茎を出し白色の花をつけ下向きに開きます。花後の果実は上向きに付きます。名は「梅笠草」で、花の形に基づくようです。 (「野草の丘」などに見られます)