野草園からのおしらせ

本園のシンボル「ミズバショウ」が開花

投稿日:2019年4月9日
3.みどころ情報

ミズバショウ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミズバショウ(サトイモ科

山形市野草園のシンボルになっている花です。看板やパンフレットにも載っています。花弁に見える白いものは仏炎苞と呼ばれるもので葉の変形したものです。中の細長い黄緑色のものが花序(小花の集まり)で、一つ一つの小花に雌しべと4個の雄しべがあります。4月下旬には谷一面にミズバショウが咲き誇ります。 (「ミズバショウの谷」に見られます)

 

 

ショウジョウバカマ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ショウジョウバカマ(シュロソウ科

地面に広がった根生葉の真ん中から花茎を立ち上げ、淡い紫色の花が咲き出しました。早春に咲く常緑多年草の一つで、花はたくさんの小花の集まりです。小花は花弁が6個で長さが1cm程です。開花した後、花茎が伸びてきます。花茎につく数個の花を能楽の妖怪「猩々(しょうじょう)」の赤毛に、葉をその袴(はかま)に見立てて名前がつけられたそうです。 (「ミズバショウの谷」の東側に見られます)

 

 

イワウチワ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イワウチワ(イワウメ科

常緑の多年草で、団扇(うちわ)のような形の葉から名前がついたようです。1茎に1花をつけ横向きに花が開きます。花径は2.5~3cmで、薄桃色の花弁の先がフリルのように細かく裂けている美しい花です。オオイワウチワより葉も花もひとまわり小さいです。(「ミズバショウの谷」の南東側に見られます)

 

 

ヤマナラシ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマナラシ(ヤナギ科)

雌雄異株の落葉高木で大きいものは25m程にもなります。樹皮は灰色で菱形の皮目が目立ちます。花序は円柱形で垂れ下がり、写真のように雄花序は雄しべの葯が紅紫色なので赤っぽく見えます。葉柄がやや長く微風でも葉が揺れて音を立てるので、「山鳴らし」の名が付けられたようです。 (「クリンソウの谷」の南東側などに見られます)