開園日について

カテゴリー

アーカイブ

野草園からのおしらせ

晩秋の風景

投稿日:2020年11月11日
3.みどころ情報

DSC_0180 (2)

DSC_0172

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0113PB083955

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0042DSC_0169

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

晩秋の時季、植物は冬支度です。すっかり葉を落とした樹木、紅葉し最後に私たちの目を楽しませてくれている樹木などなど、様子は様々ですが、どれも冬芽を付けて、来年の準備は万端のようです。そんな中で、秋の花が一つだけまだ残っていたり、色鮮やかな実が残っていたりします。思わず声をかけてあげたくなります。今シーズンの開園も残りわずか。冬支度をした、植物の様子を楽しんでみましょう。

 

 

 

DSC_0321DSC_0600

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トチノキ(ムクロジ科)の冬芽
今では、すっかり葉が落ちたトチノキ。青空の日、トチノキのそばに行くと、冬芽がピカピカ光ってとても綺麗です。まるで、宮澤賢治が童話の中で表現するような風景です。でも、なぜ光るのでしょう。それは、トチノキの冬芽が粘性のある樹脂で覆われているからです。樹脂が太陽の光を反射して輝いて見えるのです。その樹脂によって、寒さや虫から身を守っているようです。(「中央広場」や「野草の丘」で見ることができます)

 

 

 

PB113555PB073251

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソメイヨシノ(バラ科)の冬芽
ソメイヨシノは、江戸時代後期にエドヒガンとオオシマザクラを交配してつくられたサクラです。日本中に植栽されており、サクラというとソメイヨシノのイメージを持つ方がほとんどで、最も馴染みのあるサクラです。冬芽を愛でる方はほとんどいませんが、ソメイヨシノの冬芽は芽鱗が8枚程度、毛が密生しています。冬芽の葉芽に比べて、花芽の方がよりぷっくりしています。近づいて観察してみましょう。(「野草の丘」で見ることができます)