野草園からのおしらせ

昔から観賞用に栽培されてきたシオン

投稿日:2018年9月27日
3.みどころ情報

シオン2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シオン(キク科)

山地のやや湿った所に生える草丈1.5m程の多年草です。葉は細長い楕円形で互生、両面に短い毛が生えてざらつきます。茎の上部に散房状に枝を分け、花を多数固まって付けます。花は淡紫色の舌状花が並び中央は黄色の筒状花です。花の色が「紫苑色」という色名が名の由来になっています。 (「吉林の庭」に見られます)

 

 

オオウバユリの果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオウバユリの果実(ユリ科)

夏に黄緑白色の花を横向きに十数個つけていましたが、今は7~8cm程の果実を上向きに付けています。その中にたくさんの翼の付いた丸く平たい種子が重なって入っています。風が吹くとその種子が飛んでいく仕組みのようです。 (「ミズバショウの谷」に見られます)

 

 

シラネアオイ果実*

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シラネアオイの果実(キンポウゲ科)

山地に生える多年草で、5月に淡紫色の花を開花しました。今は内側で合着した緑色の果実を付けています。中には平たい種子が何枚も重なって入っています。 (「ひょうたん池」の西側に見られます)

 

 

イチイの果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イチイの果実(イチイ科)

裸子植物で寒さに強く北日本に多いです。雌雄異株で葉は枝に2列に並びます。今、赤い果実を付けています。甘くて食べられますが、種子は有毒なので要注意です。 (「ハーブ園」に見られます)