野草園からのおしらせ

小さな紅紫色の蝶形の花をたくさん付けるミヤギノハギ

投稿日:2019年9月19日
3.みどころ情報

ミヤギノハギ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミヤギノハギ(マメ科)

高さ1~1.5mの落葉小低木で、枝は柔らかく垂れています。葉は3出複葉で葉の腋から葉より長い総状花序を出し、小さな紅紫色の蝶形の花をたくさん付けます。日本海側に自生するケハギの変種と言われ、名は萩の産地の仙台市の「宮城野」にあやかって名付けられたようです。  (「七草の庭」に見られます)

 

 

ハナタデ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハナタデ(タデ科)

山野の林縁などのやや湿った所に多く生える草丈30~60cmの1年草です。茎の下部は地を這います。花序は細長く伸び、紅色~淡紅色の小さな花を多数つけます。別名ヤブタデと言います。 (「クリンソウの谷」などに見られます)

 

 

クリの果実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリの実(ブナ科)

野草園内にはたくさんのクリの木があります。6月に雄花と雌花が咲きましたが、今は、実(堅果)になりました。実は黄緑色の長い刺のある殻斗(いが)に包まれています。成熟すると殻斗が割れて茶色の実が現れます。クリの実を使った食べ物がたくさんあります。(所々に見られます)

 

 

ユキザサの果実2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ユキザサの果実(キジカクシ科)

山地の林の中など陰地に自生する多年草で、葉は広い卵形で先が尖り葉脈が明瞭で笹の葉に似ています。5月に、花茎の先に円錐花序を出し6弁の白い小花を多数つけました。今は球形の液果が赤く熟して目立ちます。 (「薬草コーナー」の南側の斜面に見られます)