野草園からのおしらせ

咲き誇るたくさんのニッコウキスゲ

投稿日:2019年6月6日
3.みどころ情報

ニッコウキスゲの群生左ニッコウキスゲの群生右

 

 

 

 

 

 

 

ニッコウキスゲ2◎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニッコウキスゲの群生

黄橙色のラッパ状の花を茎の先に3~4個付けたニッコウキスゲが「クリンソウの谷」の東側に群生しています。この花は次々と蕾がつくられ咲き出します。この谷の西側にはピンク色の花のクリンソウも群生し、谷は花でいっぱいです。

 

 

ヤマウルシ2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマウルシ(ウルシ科)

山野の林縁などに生える落葉低木で雌雄異株です。、秋の紅葉が美しいこと、樹液に触るとかぶれを起こすことでも知られています。葉は奇数羽状複葉で葉柄は少し赤みを帯びています。枝から花軸の長い円錐花序を出し黄緑色の小さな花をたくさん付けます。 (「ロックガーデン」などに見られます。)

 

 

シラタマノキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シラタマノキ(ツツジ科)

亜高山に生育する常緑小低木で背丈は非常に低く20cm程です。枝先に花穂を直立してドウダンツツジに似た小さな白い花を数個下向きに付けます。花後に1cm程の白く丸い玉のような果実ができます。それで名前がついたようです。 (「ロックガーデン」の頂上に見られます)

 

 

コウホネ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コウホネ(スイレン科)

山地の池や沼に生育する多年草の水草で、水面に浮いている葉は長卵形で深い切れ込みがあります。花の黄色の花弁に見えるものは萼片で、柱頭盤は赤くありません。名前の「河骨」は水中の横に這う白い地下茎が白骨のように見えることからついたようです。 (「ひょうたん池」に見られます)

 

 

サツキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サツキ(ツツジ科)

他のツツジの花期は5月ですが、本種は1ヶ月ほど遅い6月です。6月は旧暦の5月「皐月(さつき)」になり、名がつけられたと言われています。葉もツツジの中では最も小さく光沢のあるものが多いです。栽培品種も多く庭木や公園樹、生垣にたくさん使われています。 (「吉林の庭」や料金所の北側に見られます)

 

 

三寸アヤメ2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三寸アヤメ(アヤメ科)

草丈が20cm程の多年草で、葉も花もアヤメと似ています。アヤメと同じように湿地ではなく草地に生育します。青紫色の花はアヤメより少し小さいです。(「クリンソウの谷」の北東側に見られます)

 

 

ハリエンジュ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハリエンジュ(マメ科)

川岸や土手などに生える落葉高木で、樹皮は縦の深い割れ目が目立ちます。新しい枝には托葉が変化した刺があります。葉は奇数羽状複葉で小葉が対生します。香りの良い白色の蝶形花が多数ついた花序を垂らします。重要な蜜源植物の1つです。別名はニセアカシアです。 (「吉林の庭」に見られます)