開園日について

カテゴリー

アーカイブ

野草園からのおしらせ

フシグロセンノウが咲き始めました

投稿日:2021年7月28日
3.みどころ情報

フシグロセンノウ(ナデシコ科) 今咲いている所は「ひょうたん池」西側です。「深樹の小径」はまだ咲いていません。

 

 日本の固有種。本州・四国・九州の 山地の樹陰の草原に生える多年草。茎は直立し、節が黒褐色になる。茎の上部は分枝し、まばらな軟毛があります。葉は無柄で茎に対生。葉身は卵形から長楕円状披針形で、葉先は鋭尖形で基部は細まります。朱赤色の花を分枝した茎の先にまばらに数個つけます。萼は長円筒状で5裂し、毛はありません。花弁5。蒴果は先が5裂した長楕円形。

 

 和名「節黒仙翁(フシグロセンノウ)」は、節の部分が茶色っぽい紫黒色なので節黒、仙翁は京都嵯峨の仙翁寺が作出したからです。

 

フシグロセンノウ2018-19 (6)OLYMPUS DIGITAL CAMERA