野草園からのおしらせ

ピンク色のサクラソウが湿地にたくさん咲いています

投稿日:2019年5月15日
3.みどころ情報

サクラソウの群生左サクラソウの群生右

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サクラソウの群生

湿った所に生える多年草ですが、野生の群落を見ることはまれになってきています。しかし、園内の「クリンソウの谷」の北側の一角にはピンク色のサクラソウが群生しています。木道を歩きながら、ハート形の花弁、しわの多い葉を見てください。葉の中心から花茎を伸ばし先端に花を数個付けています。

 

 

クマガイソウ2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クマガイソウ(ラン科)

杉林や竹林などに多く生育し、長い地下茎で繁殖する多年草です。ラン科ではめずらしく幅の広い2枚の葉が対生状に付きます。名前は、袋状の花を源氏の武将熊谷次郎直実が背負った母衣に例えて「熊谷草」とつけられたものです。 (「ひょうたん池」の西側などに見られます)

 

 

ヤマシャクヤク2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマシャクヤク(ボタン科)

林の斜面などに生育する多年草です。葉は2回3出複葉で、両面とも無毛で柔らかいです。白い花は花弁は5~7個、雄しべは多数でやくが黄色く、雌しべが3個で柱頭が赤黒いです。3~4日で花は散ってしまいます。 (「ミズバショウの谷」の東側の杉林の中などに見られます)

 

 

ザイフリボク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ザイフリボク(バラ科)

日本の山地に分布する落葉小高木です。花は5個の白い線形の花弁で、枝先に10個程集まって付きます。その花の集まりの様子が采配に似ているところから「采振り木」と名づけられたようです。別名シデザクラ「四手桜」とも呼ばれます。 (「ナナカマドの森」に見られます)

 

 

オオウラジロノキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオウラジロノキ(バラ科)

落葉高木で、細い幹には刺状の枝が残っています。葉は互生で広卵形、葉縁には先半分に山形の重鋸歯があります。葉裏や葉柄には綿毛が密生しやや白っぽいです。枝の先端に、白色まれに淡紅色を帯びる楕円形の花弁を5個つけた花を数個つけます。(「ナナカマドの森」に見られます)

 

 

フデリンドウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フデリンドウ(リンドウ科)

春に咲く小さなリンドウで、茎の高さが5cm程、その先に1cm程の青紫色の花を数個付けます。花は上向きに咲き日光が当たると開き、雨天や夕刻では閉じてしまいます。名前は、花が閉じたときの形が筆の穂先に似ているのでついたようです。 (「ひょうたん池」の西側など所々に見られます)

 

 

ルイヨウショウマ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ルイヨウショウマ(キンポウゲ科)

深山の林内に生える高さ30~80cmの多年草です。葉は2~3回3出複葉です。花茎の先に白い小花の短い総状花序を付けます。小花は萼片が落ち、4~6個の白いへら形の花弁と多数の雄しべがあります。 (「ミズバショウ谷」の東側に見られます)

 

 

ツボスミレ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツボスミレ(スミレ科)

草丈は5~25cmになる多年草で、根茎は短く多数の茎を出して大きな株となります。花は白色で、径1cm程と小さく、唇弁には緻密な紫色のすじがあり、側弁の基部には毛があり、距は丸く短いです。葉は心形で縁に波状の鋸歯があります。名は坪庭のような場所に生えるスミレであるからのようです。別名はニョイスミレです。(所々に見られます)