開園日について

カテゴリー

アーカイブ

野草園からのおしらせ

ツバメオモト 名前の由来は?

投稿日:2021年5月2日
3.みどころ情報

ツバメオモト(ユリ科)が咲きだしました。漢字で書くと《燕万年青》。名前の由来は、葉がユリ科のオモトに似ているからということですが、ツバメはというと果実がツバメの頭に似ているからとか。さあ、ツバメの頭に見えますか?もちろん今は、花は見られますが果実は見られません。

【「薬草コーナー」向かい側のロックガーデン斜面で見ることができます】

 

DSC_0865DSC_0866

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0870OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツバメオモト(ユリ科)

多年草。根出葉の中心から花茎が立ち、まばらな総状花序をつけ、先端に1-数個のをつけます。花被片は6個、雄蕊は6個、子房は3室あり、数個の胚珠があります。果実液果で球状になり、濃藍色に熟します。ヒマラヤ、東アジア、北アメリカに約5-6種あり、日本には1種が生育します。