野草園からのおしらせ

シラネアオイが一面に咲く林の中

投稿日:2019年5月10日
3.みどころ情報

シラネアオイの群生左シラネアオイの群生右シラネアオイ2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シラネアオイの群生

林の下に群生しているシラネアオイの花は、やや大きく清楚で目立ちます。日本固有種の1属1種の植物で、中部地方以北の多雪地に生える多年草です。茎の先に淡紅紫色の花をつけます。まれに白色の花もあります。(「ひょうたん池」の西側などに見られます)

 

 

ヤマブキソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマブキソウ(ケシ科

山野の林内に群生する多年草で草丈が30cm程です。花がヤマブキに似ているから名がついたようですが、花弁の数はヤマブキの5個に対して4個、葉の形も違い同じ仲間でないことがわかります。鮮やかな黄色がきれいです。(「薬草コーナー」の東側に見られます)

 

 

シロヤシオツツジ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シロヤシオ(ツツジ科)

太平洋側の山地に多く、花が白いので清潔な感じのするツツジです。花は広い漏斗形で先が5裂して上面の花弁の内側に緑色の斑点があります。葉は枝先に5枚輪生状に付くことから「五葉(ゴヨウ)ツツジ」とも言われます。 (「ツツジの丘」などに見られます)

 

 

ウラシマソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウラシマソウ(サトイモ科)

紫褐色のものは仏炎苞と呼ばれる葉の変形したもの、その中に花の集まり(肉穂花序)があります。その先端から付属体が釣り糸状に長く伸びているのが特徴です。それを浦島太郎の釣り糸と見立てて名がつけられたようです。若いうちは雄株で成熟すると雌株に性転換するそうです。 (「ひょうたん池」の西側に見られます)

 

 

ツルシキミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツルシキミ(ミカン科)

積雪地域の林下に生える常緑小低木で高さが50cm程、葉は枝先に集まって互生し革質で縁は全縁です。雌雄異株で枝先の円錐花序に白色の4弁花を密に付けます。雄花の雄しべは4個です。果実は球形で赤く熟します。(「マグノリア通り」の花壇に見られます)

 

 

メギ2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メギ(メギ科)

高さは1~1.5mで平たい球形の樹形をつくる落葉低木です。株元から幹をたくさん出し、細かく枝分かれして茂ります。枝の各節に1~3本トゲが生えます。葉が開く頃、小さな黄緑色の花が2~4個ずつ下向きに垂れ下がるようにたくさん付きます。秋になると小さな果実が真っ赤に熟します。 (「ロックガーデン」の登り口に見られます)

 

 

チングルマ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チングルマ(バラ科)

背丈は10cm程と小さくても木本です。雪解け後の湿地などに生える高山植物です。白い花にたくさんの黄色い雄しべと雌しべが目立ちます。花後に、雌しべの花柱が伸びそこに毛が車輪状に生えます。その様子を「稚児車(チゴグルマ)」に例え名がついたようです。(「水辺の花コーナー」などに見られます)