野草園からのおしらせ

ザゼンソウでいっぱいの「ミズバショウの谷」

投稿日:2019年4月6日
3.みどころ情報

ザゼンソウの群生左2◎ザゼンソウの群生右2◎

 

 

 

 

 

 

ザゼンソウ3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ザゼンソウの群生とザゼンソウ(サトイモ科)

湿地の「ミズバショウの谷」一面にたくさんの暗紫茶色のザゼンソウが咲き誇っています。まるでザゼンソウが地面に座っているかのような感じがします。これからミズバショウの花も咲いてきます。水の流れる所にはミズバショウが、そうでない所にはザゼンソウが多く咲きます。

 

 

キクザキイチゲ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キクザキイチゲ(キンポウゲ科

雪解けした枯れ葉の多い林下に咲いています。周りの樹木や草花が葉を茂らせる前に咲き出します。花はアズマイチゲと似ていますが、葉は切れ込みが多く花も菊に似ているのでこの名が付いたようです。花色は淡紫青色や白色などがあります。日が当たると花が開き、曇りの日は閉じてしまいがちです。 (「ミズバショウの谷」の東側に見られます)

 

 

コシノカンアオイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コシノカンアオイ(ウマノスズクサ科)

木の下にこっそりと咲いていました。これが花かという地味さですが、先が3裂した茶色の萼筒の中に雄しべと雌しべがあります。最初の発見地が新潟県(越後の国)であることから「越野」、葉が寒冷な冬にも枯れず緑色であることから「寒葵」と名づけられたようです。(藤棚の北側の林の中に見られます)

 

 

ナニワズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナニワズ(ジンチョウゲ科

北海道~本州の主に日本海側の山地に生える落葉小低木です。雌雄異株で黄色い小さな花を枝先に集めてつけます。花弁はなく黄色のがく筒が4裂しています。別名エゾオニシバリで名の通り枝は鬼を縛れるくらいの強さを持っているそうです。(「クリンソウの谷」の藤棚の南側に見られます)