野草園からのおしらせ

サンシュユの枝にはたくさんの黄色い小花が開花

投稿日:2019年4月13日
3.みどころ情報

サンシュユ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サンシュユ(ミズキ科)

中国原産の落葉高木で、江戸時代に薬用の木として渡来しました。葉が開く前、枝一面に黄色の小さな花が20~30個密に付いた散形花序をつけます。小花の4個の花弁は長さが3mm程でそり返っています。雄しべは4個で長くつき出ています。 (「吉林の庭」に見られます)

 

 

シロバナショウジョウバカマ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シロバナショウジョウバカマ(シュロソウ科)

ショウジョウバカマの花は淡紅色ですが、本種は白色です。葉や花の形はほぼ同じです。白い花弁はやがて淡緑色になって残り、花茎がさらに伸びます。花茎を高く伸ばすのは、果実の種子を遠くまで飛ばしやすくするためのようです。 (「ミズバショウの谷」の南東側に見られます)

 

 

ヒメカンアオイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒメカンアオイ(ウマノスズクサ科)

本州~四国に分布する背丈の低い常緑多年草です。カンアオイの仲間で花径は1cm程、小形なので名がヒメ(姫)カンアオイのようです。花は褐色の萼の先が三角状に開いています。中に雄しべと雌しべが入っています。全く目立ちませんので葉を持ち上げて探してください。 (「吉林の庭」の東側に見られます)

 

 

ヤマネコヤナギ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマネコヤナギ(ヤナギ科)

雌雄異株の木で枝にはたくさんの花が付いています。雄花(雄花序)は黄色い葯がいっぱい付くので黄色くなり、雌花(雌花序)は淡緑色になります。日当たりが良く乾燥した場所に多くあります。別名バッコヤナギとも言います。(「クリンソウの谷」の南東側などに見られます)