開園日について

カテゴリー

アーカイブ

野草園からのおしらせ

サワギキョウ 湿地に生えるキキョウの仲間

投稿日:2021年7月30日
3.みどころ情報

サワギキョウ(キキョウ科)が咲いています。一見、通常私たちが見ているキキョウとは姿かたちが違うので、「えっ、キキョウですか?」と思ってしまいます。でも、花の少ない湿地の草むらの中に、紫色が綺麗です。8月中旬頃まで見ることができます。

 

【「水辺の花コーナー」で見ることができます】

 

DSC_0229DSC_0226

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0227DSC_0228

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サワギキョウ(キキョウ科)

北海道、本州、四国、九州に分布し、山地の湿った草地や湿原などに群生する多年草です。根茎は太く短く横にはい、地上茎は枝分かれせず、高さ90cmほどになり、直立します。葉は互生で柄はありません。夏から秋にかけて茎の上部に総状の花穂を付けます。萼は鐘形、5つの花弁は唇形で鮮やかな紫色をしています。有毒植物です。

和名「沢桔梗(サワギキョウ)」 は、キキョウの仲間であり、水辺の湿った場所や山地の湿地に生えることからきています。