開園日について

カテゴリー

アーカイブ

野草園からのおしらせ

カンボクの真っ赤な果実 雪が降っても残ります

投稿日:2021年9月14日
3.みどころ情報

カンボク(ガマズミ科)の果実が真っ赤に色づいています。初夏、真っ白なガクアジサイのような形の花を咲かせていましたが、今見ると全く印象が違います。

 

【「園内プレートNo.4」の所などで見ることができます】

 

DSC_0851DSC_0922

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0921DSC_0940

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カンボク(ガマズミ科)

北海道から九州までのブナ帯から上の山地の湿った所に生える落葉小高木です。葉は長い柄を持ち対生し、3つに浅く裂けます。初夏、枝の上部に多数の白色花を付けます。実は球形の核果(水分を多く含み中に種が1つある)で赤く熟し、葉が落ちた後もそのまま残ります。実は臭くて鳥も食わないといわれているので、雪が降っても美しい実が見られるということです。