開園日について

カテゴリー

アーカイブ

野草園からのおしらせ

オオケタデ 赤紫色の花が綺麗です

投稿日:2021年9月15日
3.みどころ情報

オオケタデ(タデ科)が咲いています。いつもはもっと大きく成長するのですが、8月の天候不順のせいか、今年は子どもの背丈くらいです。それでも、赤紫色の花穂の美しさは変わりなく、私たちの目を楽しませてくれます。

 

【「ハーブ園」脇、「薬草コーナー」で見ることができます】

 

DSC_1020DSC_1019

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_1023OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオケタデ(タデ科)

昔日本に渡ってきた植物で、観賞植物として植えられている大形の1年生草本です。茎は丈夫で直立し多数の枝を出し葉とともに毛が密生します。葉は互生で広く卵形または卵状心臓形で先端は鋭く尖り、タバコの葉のようなものもあります。花は、長い花穂を出し淡紅色の小花を密生して垂れ下がります。葉は解毒薬の効用があるそうです。