野草園からのおしらせ

アザミに似る花を茎先につけるタムラソウ

投稿日:2019年8月31日
3.みどころ情報

タムラソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タムラソウ(キク科)

山地の草原などに生える草丈1~2mの多年草で、葉は互生して羽状に分かれ裂片は4~7対です。茎頂に紅紫色のたくさんの筒状花が集まったアザミに似る花を上向きにつけます。しかし葉や茎には刺がありません。 (「ひょうたん池」の南西側や「スワンヒルの庭」の南側に見られます)

 

 

ノブキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノブキ(キク科)

山地の木陰などに生える多年草で、葉は三角状腎形、裏面に白い綿毛が密集します。フキの葉に似ていますが、葉柄に狭い翼があるので見分けがつきます。中心から50~80cmの茎を立ち上げ、上部に目立たない白い筒状花をつけます。 (「深樹の小径」の登り口などに見られます)

 

 

アキノウナギツカミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アキノウナギツカミ(タデ科)

水辺や湿地に生える草丈0.6~1mの1年草です。茎は分枝しつる状に長く伸びて他のものに寄りかかるようになります。茎には下向きの短い刺があって、それがヌルヌルしたウナギでもつかめるだろうということで名がついたようです。葉の基部は矢じり形で茎を抱いています。枝先に淡紅色の小花が10数個集まってつきます。 (「水辺の花コーナー」などに見られます)

 

 

アカバナ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アカバナ(アカバナ科)

湿地に群生する多年草で草丈30~60cmです。対生する葉は10~20対で、花は淡紅白色の4弁花で径8mm程、雌しべの柱頭は白色のこん棒状です。茎や葉は紅紫色を帯びるので「赤花」の名前がついたようです。 (「水辺の花コーナー」などに見られます)