開園日について

カテゴリー

アーカイブ

野草園からのおしらせ

いよいよアサギマダラ飛来のピーク 300頭近く

投稿日:2020年9月15日
3.みどころ情報

アサギマダラ2頭アップ DSC_0337

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アサギマダラ(タテハチョウ科)
羽を広げると10cmにもなる大型の美しい蝶です。アサギマダラの“アサギ”とは薄い藍色や薄い青緑色のことで、羽の黒い支脈の内側があさぎ色であることからこの名があります。暑さが治まり最高気温が20度前半になってきたことから、15日の火曜には300頭近い数のアサギマダラが飛来しました。いよいよピークです。アサギマダラは10月初め頃まで見ることができます。(「七草の庭」で見ることができます)

 

 

 

DSC_0067 DSC_0068 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フジバカマ(キク科)
万葉の昔から日本人に親しまれてきた秋の花で、古い時代に日本に渡来し帰化したと言われています。関東以西に自生する植物で、本来山形に自生する花ではありません。《秋の七草》のひとつとして、本園の「七草の庭」に植栽されています。蔵王に咲く、フジバカマと同じ仲間のヒヨドリバナやヨツバヒヨドリの花が終わると、蔵王で夏を過ごしたアサギマダラや南にわたる途中のアサギマダラが本園のフジバカマの蜜を吸いに飛来します。 (「七草の庭」で見ることができます)

 

 

 

P8281822 DSC_0453

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サギソウ(ラン科)
湿地に生える多年草で、高く伸びた茎の先端に1~3個の美しい白い花をつけます。まるで白鷺(しらさぎ)が羽を広げて飛んでいるように見えることから、この名前がつけられたようです。サギソウは日本原産の野生のランで、絶滅危惧種のひとつになっています。 (「水辺の花コーナー」で見ることができます)

 

 

 

アキノキリンソウ (4) アキノキリンソウ (8)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アキノキリンソウ(キク科)
山野の日当たりの良い草地などに生える多年草で、直立した茎の上部に黄色の小花をたくさん総状につけます。小花は中心に筒状花、周りに舌状花がまばらに並びます。秋に咲き、キリンソウ(6/17紹介)に似ている花をつけることから、この名前がついたようです。 (「ロックガーデン」などで見ることができます)